オークス考察②

 【NHKマイルC】の結果から【1999年】を考える。


   1999年・オークス
 3着 2枠4番・プリモディーネ【桜花賞・優勝
    3枠5番・スターバイオレット【矢車賞・優勝】
 2着 3枠6番・トゥザヴィクトリー【桜花賞・3着
 優勝 8枠16番・ウメノファイバー【桜花賞・6着

   1999年・ダービー
 優勝 1枠2番・アドマイヤベガ【皐月賞・6着
 2着 6枠11番・ナリタトップロード【皐月賞・3着
 3着 7枠14番・テイエムオペラオー【皐月賞・優勝

 この年は両レースとも先行クラシックの【6着馬⇒3着馬⇒優勝馬】で決まった。そして【オークス】では【矢車賞・優勝馬】の両隣が【2着】【3着】であった。今年は【桜花賞・6着馬】が【矢車賞・優勝】を経て出走予定である。
 また【ウメノファイバー】が重要な役目を担った。

 ウメノファイバー【1999年・オークス馬】
   【東京】京王杯3歳S(GⅡ)優勝【8枠⇒3枠
   【東京】クイーンC(GⅢ)優勝
   【東京】オークス(GⅠ)優勝【8枠⇒3枠

   1999年・クイーンC
 優勝 1枠2番・ウメノファイバー
 2着 6枠11番・レッドチリペッパー【NHKマイルC・優勝同枠
 3着 7枠14番・ゴールドティアラ

 【ウメノファイバー】が勝利した【京王杯3歳S】と【オークス】が同じ【8枠⇒3枠】であり、【クイーンC】の出目はそのまま【ダービー】で使用された。


   2016年⇒2017年
 【東京】アルテミスS(GⅢ)【8枠⇒6枠⇒3枠】2着・フローレスマジック【?】
 【東京】京王杯2歳S(GⅡ)【8枠⇒6枠⇒6枠】2着・レーヌミノル【桜花賞】
 【東京】クイーンC(GⅢ)【8枠⇒6枠⇒3枠】 2着・アエロリット【NHKマイルC】
 【東京】オークス(GⅠ) 【 枠⇒ 枠⇒ 枠】 2着・

   2017年・クイーンC【2月11日
 優勝 8枠15番・アドマイヤミヤビ
 2着 6枠11番・アエロリット【NHKマイルC・優勝
 3着 3枠6番・フローレスマジック
 4着 4枠8番・レーヌミノル【桜花賞・優勝】

 1999年の【クイーンC・2着(6枠11番)】の【レッドチリペッパー】が【NHKマイルC・優勝同枠】なのに対して、今年の【クイーンC・2着(6枠11番)】の【アエロリット】は【NHKマイルC】を優勝した。それも【ウメノファイバー】の【オークス優勝ゼッケン】での勝利であった。
 また今回は1999年には存在しなかった【アルテミスS】も含めて【8枠⇒6枠】で統一されていることがわかる。そして【オークス】で【アドマイヤミヤビ(桜花賞3着同枠)】が【2着】ならば、4つのレースの【2着馬】で【クイーンC】の【1着~4着】が占められたことになる。

 【ヴィクトリアマイル】の【共通ゼッケン(前回の記事を参照)】で馬券対象外であった【1枠2番】と【6枠11番】が【1999年】の【ダービー(クイーンC)】を指し示していると考える。また今年の【クイーンC】の施行日は【2月11日】である。

オークス考察

 前々回取り上げた【2017年・桜花賞】と【2015年・オークス】の共通項。【ヴィクトリアマイル】は【優勝】【最下位】【取消】の3頭の【ゼッケン】で決まってしまった。

   2017年・桜花賞
 優勝 5枠10番・レーヌミノル
 8着 1枠2番・ライジングリーズン
 14着 6枠11番・アロンザモナ
 17着 3枠5番・ベルカプリ
 取消 2枠3番・サロニカ

   2015年・オークス
 優勝 5枠10番・ミッキークイーン
 8着 1枠2番・マキシマムドパリ
 14着 6枠11番・ペルフィカ
 17着 3枠5番・シングウィズジョイ
 取消 2枠3番・トーセンナチュラル

   2017年・ヴィクトリアマイル
 優勝 3枠5番・アドマイヤリード【桜花賞・5着
 2着 5枠10番・デンコウアンジュ【桜花賞・10着
 3着 2枠3番・ジュールポレール
 4着 1枠2番・スマートレイアー
 7着 6枠11番・ミッキークイーン

 【桜花賞・1着】の【レーヌミノル】が【1枠1番】、【桜花賞・12着】の【アドマイヤミヤビ】が【6枠12番】という場合には狙いたい。

ヴィクトリアマイル予想【枠順確定後】

 発表された枠順は以下であった。

    4枠7番・ルージュバック【3番人気・5歳馬】
    4枠8番・クイーンズリング【5番人気・5歳馬】
    6枠11番・ミッキークイーン【1番人気・5歳馬】・・・【裏7番

    1枠2番・スマートレイアー【4番人気・5歳馬】・・・武豊



 【7⇒8】の【枠連4-4】で思い当たるレースが以下の2レースである。

   1990年・天皇賞(秋)【10月28日】第102回
 優勝 4枠7番・ヤエノムテキ【3番人気・5歳馬】
 2着 4枠8番・メジロアルダン【5番人気・5歳馬】
 3着 3枠6番・バンブーメモリー【4番人気・5歳馬】・・・武豊
 6着 6枠12番・オグリキャップ【1番人気・5歳馬】・・・【裏7番
         ※オグリキャップは単枠指定

   1995年・エリザベス女王杯【11月12日】第20回
 優勝 4枠7番・サクラキャンドル【10番人気】
 2着 4枠8番・ブライトサンディー【5番人気】
 3着 2枠4番・フェアダンス【2番人気】・・・武豊
 10着 6枠12番・プライムステージ【1番人気】・・・【裏7番


 【天皇賞(秋)】は【馬連導入前年】、【エリザベス女王杯】は【古馬開放前年】の【幕引き戦】であり、この2レースはどちらも【武豊騎手】が【3着】であった。今回【武豊騎手】の【スマートレイアー】は昨年と同じ【1枠2番】である。そしてもう1頭昨年と同じなのが【4枠7番・ルージュバック】である。
 また【1995年・エリザベス女王杯】では前の週に次のような伏線があった。

   1995年・菊花賞【11月5日】第56回
    4枠7番・サンデーウェル【セントライト記念・優勝
    4枠8番・タニノクリエイト【神戸新聞杯・優勝
    2枠4番ダンスパートナー【牝馬・1番人気】・・・武豊

   1995年・エリザベス女王杯【11月12日】第20回
 優勝 4枠7番・サクラキャンドル【クイーンS・優勝
 2着 4枠8番・ブライトサンディー【サファイヤS・優勝
 3着 2枠4番・フェアダンス【サファイヤS・2着】・・・武豊



   2017年・皐月賞【4月16日】第77回
 優勝 6枠11番・アルアイン【毎日杯・優勝】
 2着 4枠7番・ペルシアンナイト【アーリントンC・優勝】
 3着 5枠10番・ダンビュライト・・・武豊

   2017年・NHKマイルC【5月7日】第22回
    6枠11番・オールザゴー【マーガレットS・優勝】
    4枠7番・ジョーストリクトリ【NZT・優勝】・・・武豊
    5枠10番・ディバインコード【橘S・優勝】
         ※前走1着はこの3頭のみ
    2枠4番・カラクレナイ【牝馬・1番人気】・・・(2017)Fレビュー・優勝

   2017年・ヴィクトリアマイル【5月14日】第12回
   【裏11番】4枠7番・ルージュバック
   【裏7番】6枠11番・ミッキークイーン
   【裏10番】4枠8番・クイーンズリング
        2枠4番・ソルヴェイグ・・・(2016)Fレビュー・優勝



 ◎ルージュバック
 ◯クイーンズリング
 ◯´ミッキークイーン
 ▲ソルヴェイグ
 △スマートレイアー・ジュールポレール
  アスカビレン・フロンテアクイーン・ヒルノマテーラ
 押さえで【枠連6-6】

 1990年・天皇賞(秋)【10月28日】第102回
 2017年・ヴィクトリアマイル【5月14日】第12回

 【10月28日】÷2=【5月14日】 【第102回】-0=【第12回】

ヴィクトリアマイル予想

 先週の【NHKマイルC】の結果が以下である。

   2017年・NHKマイルC【5月7日馬連・14(裏5)-16
 3着 3枠6番・ボンセルヴィーソ
 2着 7枠14番・リエノテソーロ【裏5番】
    7枠15番・レッドアンシェル
 優勝 8枠16番・アエロリット【横山典弘

   1999年・NHKマイルC【5月16日馬連・5-7
 優勝 3枠5番・シンボリインディ【横山典弘
 3着 3枠6番レッドチリペッパー
 2着 4枠7番・ザカリヤ

 今年のヒントは【1999年】にありそうである。



 ウメノファイバー【1999年・オークス馬】
   【東京】京王杯3歳S(GⅡ)優勝
   【東京】クイーンC(GⅢ)優勝
   【東京】オークス(GⅠ)優勝

 2017年【春季・芝マイルGⅠ】
   桜花賞【レーヌミノル】京王杯2歳S(GⅡ)2着
   NHKマイルC【アエロリット】クイーンC(GⅢ)2着
   Vマイル【       】オークス(GⅠ)2着


   2017年・桜花賞
 優勝 5枠10番・レーヌミノル
 2着 3枠6番・リスグラシュー
 3着 7枠14番・ソウルスターリング
 17着 3枠5番・ベルカプリ
 取消 2枠3番・サロニカ

   2015年・オークス【ルージュバック2着】
 優勝 5枠10番・ミッキークイーン
    3枠6番・クイーンズリング
    7枠14番・ルージュバック
 17着 3枠5番・シングウィズジョイ
 取消 2枠3番・トーセンナチュラル


 今年の【桜花賞】は昨年の【阪神JF】の【③⇒②⇒①】であった。
 今年の【桜花賞①~③馬番】を2015年の【オークス】でひっくり返すと・・・



 ◎ルージュバック
 ◯クイーンズリング
 ▲ミッキークイーン

 今年の【オークス2着馬】の出走は不可能である。また今回出走する【オークス2着馬】は【ルージュバック】のみである。そして【ルージュ】はフランス語の【赤】である。

NHKマイルC予想

 【柴田善臣】の【GⅠ初勝利】は【栗田博憲厩舎】の【ヤマニンゼファー】であった。現在【50歳】の【柴田善臣】が【5枠10番】で【GⅠ10勝目】に挑む。


   1993年・天皇賞(秋)【17頭】
 優勝 4枠8番・ヤマニンゼファー・柴田善臣・栗田博憲
 2着 1枠2番・セキテイリュウオー
 3着 6枠12番・ウィッシュドリーム

   1993年・スプリンターズS【14頭】
 優勝 7枠12番・サクラバクシンオー
 2着 5枠8番・ヤマニンゼファー・柴田善臣・栗田博憲
 3着 2枠2番・ニシノフラワー


   2017年・アーリントンC【12頭】
 優勝 6枠8番・ペルシアンナイト
 2着 8枠12番・レッドアンシェル
 3着 2枠2番・ディバインコード・柴田善臣・栗田博憲

   2017年・NHKマイルC【18頭】
    5枠10番・ディバインコード・柴田善臣・栗田博憲【橘S】
    1枠2番・キョウヘイ【シンザン記念】
    6枠12番・ミスエルテ【ファンタジーS】



 ◎ディバインコード
 ◯キョウヘイ
 ◯´モンドキャンノ
 ▲ミスエルテ
 △タイセイスターリー・オールザゴー
  ボンセルヴィーソ・ジョーストリクトリ・タイムトリップ

 【皐月賞】は【シンザン記念】の【2番人気】⇒【1番人気】であった。今回は【シンザン記念】の【2着馬の枠】⇒【1着馬の枠】と考える。
FC2カウンター
プロフィール

FJK

Author:FJK
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR