スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダービー考察③

 今回の【ダービー】は二面性を持っている。

   ①【(GⅠ)ホープフルS優勝馬】を迎える前年・・・閉幕戦
   ②【(GⅡ)ホープフルS優勝馬】が初めて出走・・・過去2回は2着馬が出走

 ①から【阪神3歳牝馬S(現阪神JF)優勝馬】を迎える前年であった【1991年】と同様と考えられる。そして【考察②】では【1992年・オークス】経て【1991年・桜花賞】を取り上げた。

   1991年・桜花賞【京都施行】
 優勝 7枠15番・シスタートウショウ【角田晃一騎乗】
 2着 6枠12番・ヤマノカサブランカ
 3着 8枠18番・ノーザンドライバー

 またこれまでの考察の軸となった【1999年・ダービー】が以下であった。

   1999年・ダービー
 優勝 1枠2番・アドマイヤベガ【皐月賞・6着同枠プリンシパルS①
 2着 6枠11番・ナリタトップロード【皐月賞・3着】同枠プリンシパルS②
 3着 7枠14番・テイエムオペラオー【皐月賞・優勝

 そして今回の出馬表では以下のようになっている。

   2017年・ダービー
    7枠15番・ダイワキャグニー【【(対角)皐月賞・6着プリンシパルS①
    6枠12番・レイデオロ【(対角)皐月賞・優勝
    8枠18番・アドミラブル【(対角)皐月賞・3着

 【7枠15番】は今年の2月22日に亡くなった【1992年・ダービー馬】の優勝ゼッケンでもある。

   1992年・オークス優勝【アドラーブル】1枠2番 ⇒ 【ソウルスターリング】
   1992年・ダービー優勝【ミホノブルボン】7枠15番
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

FJK

Author:FJK
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。