スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オークス考察③

 【考察②】から考えた予想が以下であった。

   2004年・NHKマイルC
 優勝 7枠13番・キングカメハメハ
 2着 1枠1番・コスモサンビーム
 3着 3枠6番・メイショウボーラー(福永祐一)

   2004年・オークス
 優勝 7枠13番・ダイワエルシエーロ【桜花賞⑦】【クイーンC①】(福永祐一)
 2着 1枠1番・スイープトウショウ【桜花賞⑤】【チューリップ①】【紅梅S①】
 3着 3枠6番・ヤマニンアラバスタ【桜花賞⑨】【フラワーC②】


   2015年・NHKマイルC
 優勝 4枠7番・クラリティスカイ
 2着 5枠9番・アルビアーノ
 3着 6枠12番・ミュゼスルタン(柴田善臣)

   2015年・オークス
    4枠7番・キャットコイン【桜花賞⑦】【クイーンC①】(柴田善臣)
    5枠9番・コンテッサトゥーレ【桜花賞③】【チューリップ⑥】【紅梅S①】
    6枠12番・アースライズ【桜花賞⑧】【フラワーC②】

 【福永祐一】と【柴田善臣】を結ぶものは【ジャスタウェイ】である。

   ジャスタウェイ
 2013・天皇賞(秋)優勝【福永祐一】7⇒9⇒6
 2014・安田記念優勝【柴田善臣】


         【2013年】 【2014年】
   天皇賞(秋)【7⇒9⇒6】【4⇒1⇒15】
   ジャパンC【7⇒9⇒5】【4⇒1⇒15】
   有馬記念 【6⇒4⇒14】【4⇒6⇒14】

 【2013年】の【天皇賞(秋】⇒【ジャパンC】で使用された【7⇒9(枠連4-5)】を、今年の【NHKマイルC】⇒【オークス】で使うのでは?と考えた。ちなみに【2014年】の【天皇賞(秋】⇒【ジャパンC】で使用された【4⇒1⇒15】にあたるゲートには【アルテミスS】の【1~3着馬】が着順通りに配置されている。



 ところが【2枠3番・トーセンナチュラル(吉田豊)】が【取消】となった。ここから考えたのは【ライスシャワー追悼】であった【1995年・天皇賞(秋)】と同じように、今回は【後藤浩輝追悼】を行うのでは?ということである。また【後藤浩輝】は【1999年】にある問題を起こしている。相手は今回【取消】となった【吉田豊】であった。

   1995年・天皇賞(秋)【18頭⇒17頭】
 【優勝】1枠1番・サクラチトセオー
     1枠2番・ゴーゴーゼット
 【取消】2枠3番・マイシンザン
 【2着】2枠4番・ジェニュイン
 【3着】4枠8番・アイルトンシンボリ
      *【逆枠ゾロ目】決着

   2014年・オークス【18頭⇒17頭】
     1枠1番・レッツゴードンキ(岩田康誠)【アルテミスS②】
     1枠2番・マキシマムドパリ
 【取消】2枠3番・トーセンナチュラル(吉田豊)
     2枠4番・ココロノアイ【アルテミスS①】
     3枠5番・シングウィズジョイ【フローラS①】
     7枠15番・トーセンラーク(江田照男)【アルテミスS③】

   2011年・オークス
     2枠3番・バウンシーチューン【フローラS①】
 【優勝】2枠4番・エリンコート(後藤浩輝)【忘れな草賞①】
     3枠5番・カルマート(吉田豊)
 【3着】6枠12番・ホエールキャプチャ【桜花賞②】
 【2着】8枠18番・ピュアブリーゼ【フローラS③】
      *【後藤浩輝】唯一のクラシック優勝

 この【取消】によって【天皇賞(秋】⇒【ジャパンC】の出目でも、【2013年】ではなく【2014年】の方に変更されたのでは?と考えた。【1-4-15】という【3連複】は今年の【フェアリーS(4⇒15⇒1)】と同じでもある。また【フェアリーS】は過去に【愛知杯】と同様の【日程的】変更を受けている。
 【トーセンラーク】の【江田照男】は今週も現時点では【最低人気】のようである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

FJK

Author:FJK
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。