スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダービーのサイン

 【藤田菜七子騎手】の師匠は【根本康広調教師】である。そして【藤田菜七子騎手】が【メリーナイス】の勝負服を着用したことが話題となった。
 【メリーナイス】のオーナーは【浦房子氏】で、その先代は【浦志磨太郎氏】である。今回【国家独唱】を行うのは【桐谷健太さん】で、auの【浦島太郎】である。また【2011年(オルフェーヴルのクラシック三冠年)】にはJRAのCMにも起用されている。
スポンサーサイト

ダービー追記

 【1984年】のグレード制導入後、最初に【日本ダービー】を優勝した【朝日杯優勝馬】が【メリーナイス】である。

   メリーナイス           リオンディーズ
 朝日杯3歳S【2番人気】     朝日杯FS【2番人気】
 日本ダービー【4番人気】     日本ダービー【4番人気濃厚】

 また【朝日杯優勝馬】と【皐月賞馬】が【日本ダービー】でともに【直接連対】したことはこれまでは無い。ただ【ウオッカ】の【2007年】は以下のような結果であった。

   第74回・日本ダービー【2007年】Jpn1
 優勝 2枠3番・ウオッカ【阪神JF優勝馬】
 2着 8枠16番・アサクサキングス【同枠に皐月賞馬(ヴィクトリー)】

 【朝日杯優勝馬】と【皐月賞馬】の初の【直接決着】に期待したい。また【2009年・日本ダービー】の出目を本線としたが、これには以下の理由もある。

   第83回・日本ダービー【2016年】
    6枠12番・リオンディーズ【対角・スプリングS③】
    1枠1番・ディーマジェスティ【同枠・スプリングS②】
    5枠10番・スマートオーディン【同枠・スプリングS①】

 【目黒記念】の【藤田菜七子騎手】は【スプリングS】以来の重賞騎乗となる。そして騎乗する【サイモントルナーレ】は【10歳馬】で【2009年クラシック世代】である。

ダービー予想

 【ダービー考察】の【メリーナイス】はJRAのサイトの【今週の注目レース】の【スペシャルムービー】からである。

   斉藤由貴さん ダービーを語る【メリーナイス】

   遠藤保仁さん ダービーを語る【タニノギムレット】・・・2枠3番で優勝
   市川海老蔵さん ダービーを語る【ウオッカ】・・・2枠3番で優勝

   【キングカメハメハ】・・・6枠12番で優勝
   【リオンディーズ】・・・6枠12番

   【ヴィクトワールピサ】・・・7枠13番で優勝【皐月賞】
   【ジュエラー】・・・7枠13番で優勝【桜花賞】


   笑福亭鶴瓶さん【1951年12月23日生】
   瑛太さん【1982年12月13日生】
   有村架純さん【1993年2月13日生】




   第62回・日本ダービー【1995年】
 優勝 7枠14番・タヤスツヨシ
 2着 7枠13番・ジェニュイン

      14番優勝の14年後

   第76回・日本ダービー【2009年】
 優勝 1枠1番・ロジユニヴァース【皐月賞⑭
 2着 6枠12番・リーチザクラウン【皐月賞⑬
 3着 5枠10番・アントニオバローズ


   第78回・日本ダービー【2011年】
 優勝 3枠5番・オルフェーヴル
 2着 1枠1番・ウインバリアシオン

      5番優勝の5年後

   第83回・日本ダービー【2016年】
    6枠12番・リオンディーズ【皐月賞⑤
    1枠1番・ディーマジェスティ【皐月賞①
    5枠10番・スマートオーディン




   第147回・天皇賞(春)【2013年】
 優勝 3枠6番・フェノーメノ【日経賞①】・・・蛯名正義
 2着 1枠1番・トーセンラー【京都記念①】

   第149回・天皇賞(春)【2014年】
 優勝 4枠7番・フェノーメノ【日経賞⑤】・・・蛯名正義【連覇】
 2着 6枠12番・ウインバリアシオン【日経賞①】
 3着 3枠6番・ホッコーブレーヴ【日経賞②】


   第82回・日本ダービー【2015年】
 優勝 7枠14番・ドゥラメンテ【皐月賞①】・・・Mデムーロ
 2着 1枠1番・サトノラーゼン【京都新聞杯①】

   第83回・日本ダービー【2016年】
    6枠12番・リオンディーズ【皐月賞⑤】・・・Mデムーロ
    1枠1番・ディーマジェスティ【皐月賞①】
    2枠3番・マカヒキ【皐月賞②】



 ◎リオンディーズ
 ◯ディーマジェスティ
 ◯´マイネルハニー【青葉賞(GⅡ)8着(7人気)】
 ▲スマートオーディン
 △マカヒキ・エアスピネル
  イモータル・ロードクエスト

 【メリーナイス(4人気)】の2着は逃げ粘った【サニースワロー(22人気)】であり、その前走は【NHK杯(GⅡ)8着(7人気)】であった。

ダービー考察

   第38回・朝日杯3歳S【1986年】9頭立て
 優勝 8枠8番・メリーナイス【逆2番
 2着 1枠1番・ホクトヘリオス

   第54回・日本ダービー【1987年】24頭立て
 優勝 3枠8番・メリーナイス
 2着 1枠1番・サニースワロー【同枠・ホクトヘリオス】


   第67回・朝日杯FS【2015年】16頭立て
 優勝 8枠15番・リオンディーズ【逆2番
 2着 6枠11番・エアスピネル

   第83回・日本ダービー【2016年】18頭立て
 優勝
 2着


      【第38回】 ⇒ 【第54回】 メリーナイス
      【第67回】 ⇒ 【第83回】 リオンディーズ




   1991年~1992年
 阪神3歳牝馬S【ニシノフラワー】
 桜花賞【ニシノフラワー】チューリップ賞②
 オークス【アドラーブル】チューリップ賞①・桜花賞②

   2015年~2016年
 阪神JF【メジャーエンブレム】⇒NHKマイルC①
 桜花賞【ジュエラー】チューリップ賞②
 オークス【シンハライト】チューリップ賞①・桜花賞②


   1991年~1992年
 朝日杯3歳S【ミホノブルボン】8頭立て
 皐月賞【ミホノブルボン】逆枠ゾロ目
 ダービー【ミホノブルボン】枠連ゾロ目

   2015年~2016年
 朝日杯FS【リオンディーズ】
 皐月賞【ディーマジェスティ(同枠・リオンディーズ)】
 ダービー




 【ホープフルS優勝同枠(出走取消)】⇒【皐月賞優勝】 ディーマジェスティ
 【皐月賞優勝同枠】⇒【日本ダービー??】 リオンディーズ(朝日杯FS優勝)

オークス予想

 先週の【ヴィクトリアマイル(第11回)】と同様、【施行回数】が【ゾロ目】の【オークス(第77回)】である。

   第11回・ヴィクトリアマイル
 4枠8番・メイショウマンボ(武幸四郎)
   2013年Fレビュー【優勝】川田将雅
          桜花賞【10着】武幸四郎
         オークス【優勝】武幸四郎

   第77回・オークス【2013年生まれの3歳牝馬】
 4枠8番・デンコウアンジュ(川田将雅)
         川田将雅
   2016年・Fレビュー【優勝】ソルヴェイグ
          桜花賞【10着】デンコウアンジュ
         オークス【??】デンコウアンジュ


   第66回・桜花賞【2006年】
 優勝 7枠14番・キストゥヘヴン【フラワーC①】
 2着 4枠8番・アドマイヤキッス

   第77回・オークス【2016年】
    4枠7番・ゲッカコウ【フラワーC②】
    4枠8番・デンコウアンジュ【メイショウサムソン産駒】【アルテミスS①】
    6枠11番・エンジェルフェイス【フラワーC①】
    6枠12番・フロンテアクイーン【メイショウサムソン産駒】【クイーンC②】

   2015年・アルテミスS
 優勝 8枠14番・デンコウアンジュ【オークス?】
 2着 8枠15番・メジャーエンブレム【NHKマイルC①】【クイーンC①】



 ◎デンコウアンジュ
 ◯フロンテアクイーン
 ◯´エンジェルフェイス
 ▲チェッキーノ(先週と同じ【戸崎圭太】の【7枠13番】)
 △ペプチドサプル・シンハライト
  ゲッカコウ・ウインファビラス

ヴィクトリアマイル予想

 【ヴィクトリアマイル】は【2006年】に新設された。またそのステップ競走として【阪神牝馬S】が用意された。

   【阪神・芝1400M・GⅡ】⇒【東京・芝1600M・GⅠ

 そしてこれを予告したのが【2005年】の【ラインクラフト】と【デアリングハート】であった。

   【フィリーズレビュー・GⅡ】⇒【NHKマイルC・GⅠ



 今年から【京都牝馬S】と【阪神牝馬S】の施行距離が入れ替えられた。

   京都牝馬S・優勝【クイーンズリング】(前年)桜花賞・4着馬
       今回同枠【レッツゴードンキ】(前年)桜花賞・優勝馬

   阪神牝馬S・優勝【スマートレイアー】(前年)阪神牝馬S・4着馬
   阪神牝馬S・4着【カフェブリリアント】(前年)阪神牝馬S・優勝馬

   NHKマイルC・優勝【メジャーエンブレム】桜花賞・4着馬



   2005年・NHKマイルC
 優勝 6枠12番・ラインクラフト
 2着 7枠13番・デアリングハート

   2016年・桜花賞
 優勝 7枠13番・ジュエラー【Mデムーロ】
 2着 6枠12番・シンハライト【池添謙一】

   2016年・ヴィクトリアマイル
    6枠12番・クイーンズリング【Mデムーロ】
    7枠13番・ストレイトガール
    7枠15番・ショウナンパンドラ【池添謙一】

 昨年の【桜花賞】と【ヴィクトリアマイル】は共に【枠連3-4】であった。今年も【桜花賞】と同じ目に期待したい。そして優勝は先週の【メジャーエンブレム】から【桜花賞・4着馬】と考える。これは昨年と同様【ストレイトガール】と【京都牝馬S・優勝馬】の組み合わせとなる。



 ◎クイーンズリング
 ◯ストレイトガール
 ◯´ショウナンパンドラ
 ▲ウインプリメーラ(【京都牝馬S】⇒【阪神牝馬S】はこの馬だけ)
 △カフェブリリアント・マジックタイム
  レッツゴードンキ・スマートレイアー

天皇賞(春)予想

   1988年・天皇賞(春)
 優勝 4枠8番・タマモクロス【400万下から5連続賞金加算】初GⅠ
 2着 7枠14番・ランニングフリー
   (7枠13番・メリーナイス【ダービー馬】)
 3着 3枠5番・メジロデュレン【菊花賞①】【有馬記念①】GⅠは3戦目

   2016年・天皇賞(春)
    4枠8番・シュヴァルグラン【500万下から5連続賞金加算】初GⅠ
    7枠14番・サトノノブレス
   (7枠15番・サウンズオブアース【ダービー優勝枠】)
    8枠17番・ゴールドアクター【菊花賞③】【有馬記念①】GⅠは3戦目



   ステージチャンプ
 1993年・菊花賞  【7枠15番】2着・・・優勝【4枠7番】
 1995年・天皇賞(春)【7枠15番】2着・・・優勝【2枠3番】

   サトノノブレス
 2013年・菊花賞  【7枠14番】2着・・・優勝【2枠3番】福永祐一
 2016年・天皇賞(春)【7枠14番】??・・・??【4枠8番】福永祐一



 1996年・天皇賞(秋) 優勝【2枠4番】⇒2着【4枠8番】
 1997年・天皇賞(春) 優勝【2枠4番】⇒2着【4枠8番】

 2015年・天皇賞(秋) 優勝【4枠8番】⇒2着【7枠14番】
 2016年・天皇賞(春) ??【4枠8番】⇒??【7枠14番】



   シュヴァルグラン
 阪神大賞典【優勝】11番
 天皇賞(春) 8番(裏11番)

   サトノノブレス
 中日新聞杯【優勝】5番
 天皇賞(春) 14番(裏5番)

   マイソールサウンド【タマモクロス産駒】
 2002年・中日新聞杯【優勝】9番・・・【4番取消】
 2005年・阪神大賞典【優勝】8番

   2016年・天皇賞(春)
 7枠13番・マイネルメダリスト
 7枠14番・サトノノブレス
 7枠15番・サウンズオブアース



 ◎シュヴァルグラン
 ◯サトノノブレス
 ◯´サウンズオブアース
 ▲ゴールドアクター
 △レーヴミストラル・アドマイヤデウス
  フェイムゲーム・ファタモルガーナ
FC2カウンター
プロフィール

FJK

Author:FJK
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。