スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝塚記念回顧

 いつもとは違い人気馬(2番人気)に【◎】を打って臨んだ【宝塚記念】であったが、【オルフェーヴル】の勝利に終わった。また【○】【▲】とした【海外歴馬】の【対角馬】による決着であった。そして【アーネストリーの枠】は連対した。

   【高松宮記念】…前年優勝馬不出走(引退)
 【昨秋GⅠ馬】⇒【前年2着馬】

   【天皇賞・春】…前年優勝馬出走
 【前年1着同枠馬】⇒【昨秋GⅠ馬】

   【安田記念】…前年優勝馬出走
    (夏季番組)…3歳馬不出走
 【前年2着馬の枠でのゾロ目】

   【宝塚記念】…前年優勝馬出走
    (夏季番組)…3歳馬出走
 【昨秋GⅠ馬】⇒【前年1着馬の同枠馬】

 【春季・夏季】の古馬GⅠは上のような結果であった。また【オルフェーヴル】であるが、今回の勝利によってこの馬の優勝した【三冠以外のGⅠ】は【3歳・有馬記念】と【阪神・宝塚記念】となった。これは【ディープインパクト】が優勝できなかった【GⅠ】である。(【ディープインパクト】は【3歳・有馬記念2着】【京都・宝塚記念優勝】)そしてこれは【ミスターシービー】と【シンボリルドルフ】の関係と同じである。よって【秋季】は【ディープインパクト】が【ゾロ目で優勝】した【ジャパンC】ならば有力と考える。(【凱旋門賞】回避で出走してくれば【天皇賞・秋】も有力)
スポンサーサイト

宝塚記念予想

 【ビッグウィーク】が福島で【OP特別】に出走するのも意味があると思うが、【宝塚記念】にどうつなげれば良いかがわからない。また【池添】と【ウィリアムズ】が【安田記念】と同じ【ゼッケン】であることから、ここからの流れもあると考える。そして今年のこれまでの【GⅠ】の結果から、昨年とつなげてくることが予想される。よって【アーネストリー】の枠は無視できない。

 ◎ルーラーシップ(海外歴)
 ○エイシンフラッシュ(海外歴)
 ○´アーネストリー
 ▲ナカヤマナイト(海外歴)
 △ビートブラック・オルフェーヴル
  ホエールキャプチャ(クロフネ産駒)・モンテクリスエス

 他に【考察②】で書いた出目から【9⇒6⇒2】と【8⇒11⇒15】の【3連単・複】。また【回避馬】が【アルゼンチン共和国杯(枠連6-6)】の【1・3着馬】であったことから、【枠連6-6】を押さえる。(【6枠12番・フェデラリスト】の【中山金杯】も【枠連6-6】であった。)

宝塚記念考察②

 今年放送された【テレビCM】を2つのグループに分ける。

  A【高松宮記念】【桜花賞】【オークス】

  B【皐月賞】【天皇賞・春】【ダービー】
   【安田記念】【宝塚記念】

 【Aグループ】が昨年は【テレビCM】が無かったグループで、【Bグループ】が昨年も【テレビCM】があったグループである。そして昨年と今年で使用されたレースの年度を比較したのが以下である。(昨年⇒今年)

   【高松宮記念】2000年⇒2000年
   【桜花賞】   1993年⇒1986年
   【オークス】  1996年⇒1996年

   【皐月賞】   1992年⇒2001年
   【天皇賞・春】 1991年1993年
   【ダービー】  1991年1993年
   【安田記念】  1998年⇒1985年
   【宝塚記念】  1998年⇒1999年

 昨年は【テレビCM】が無かった【高松宮記念】【オークス】は、昨年と同じ年を使った。また昨年は【1991年】でそろえられた【天皇賞・春】【ダービー】は、今年も【1993年】でそろえられた。
 【安田記念】と【宝塚記念】は昨年は【1998年】でそろえられたが、今年は【1985年】と【1999年】である。つまり【春季番組】と【夏季番組】であった昨年が同じで、ともに【夏季番組】となった今年を違えたということになる。
 そこで【1985年(ニホンピロウイナー)】が使用された【安田記念】であるが、【宝塚記念】の【テレビCM】である【1999年】の結果を見てみた。

   1999年・安田記念【14頭】
 ①7枠12番・エアジハード【裏3番
 ②5枠7番・グラスワンダー【裏8番
 ③7枠11番・シーキングザパール【裏4番
 ④8枠14番・ツクバシンフォニー【裏1番

   2012年・安田記念【18頭】
 ①2枠4番・ストロングリターン
 ②2枠3番・グランプリボス
 ③4枠8番・コスモセンサー
 ④1枠1番・ダノンヨーヨー

 【表番】と【裏番】であるが、【3連複】が一致している。ならば今回の【宝塚記念】は、【安田記念】の【テレビCM】である【1985年】ということになる。

   1985年・宝塚記念【11頭⇒10頭】
 ①7枠9番・スズカコバン【裏3番】
 ②6枠6番・サクラガイセン【裏6番】
 ③2枠2番・ウインザーノット【裏10番】
 ④8枠11番・ステートジャガー【裏1番】
 消3枠3番・シンボリルドルフ【裏9番】

 【出走取消】があったので【馬番】をずらして考える必要があるかもしれない。



 【ブエナビスタ】を破って【GⅠ】を優勝したことのある【ローズキングダム】と【アパパネ】は、【安田記念】ではやはり勝てなかった。今回の該当馬は【アーネストリー】と【オルフェーヴル】である。(これら以外の現役馬は【トーセンジョーダン】だけである。・・・【雑記・2012年①】参照)

宝塚記念考察①

 更新が滞り、訪問された皆様、申し訳ありませんでした。

 【エプソムC】はかすりもしなかった。そこで【3歳馬・セイクレットレーヴ】は【4着】であった。また次の週の【マーメイドS】【函館スプリントS】では【マイネエポナ】【レオンビスティー】はともに【9着】であった。

 昨年【3歳馬】が優勝した【安田記念】であるが、今年は【3歳馬】の出走は無かった。逆に【宝塚記念】は昨年【3歳馬】が不出走であったが、今年は【マウントシャスタ】の登録がある。そこで【夏季重賞】の【3歳馬】には注目していた。結果は【3歳馬】は振るわず、【C.ウィリアムズ】の【2週連続優勝】となった。それぞれ【ビワハイジ】【エアグルーヴ】の仔であった。【1995年・阪神3歳牝馬S】の【連対馬】である。この流れから【C.ウィリアムズ】の【3週連続優勝】&【エアグルーヴの仔】は考えておきたい。
 【2010年】の年末には【M.デムーロ】が【3週連続優勝】で締めた。この時は【朝日杯FS】での騎乗が問題となったが、【M.デムーロ】の【3週連続優勝】が規定路線であったようである。このことを思い出させるように「【小島茂之調教師】が走行妨害の申立てを棄却されたことに対しての不服申立てを行ったが棄却された。」という出来事があった。

 最初に挙げた【セイクレットレーヴ】【マイネエポナ】【レオンビスティー】と【マウントシャスタ】であるが、【NHKマイルC】【オークス】に出走している。そして【オークス・マイネエポナ】【NHKマイルC・レオンビスティー】の同枠馬が【C.ウィリアムズ】の騎乗馬であった。【アイムユアーズ】【アルフレード】で、【阪神JF】【朝日杯FS】の【連対馬】であった。

 現時点での【◎】は【C.ウィリアムズ】騎乗予定の【香港帰り】【ルーラーシップ】である。【安田記念回顧】の最後に書いた【アドマイヤムーン】も【香港帰り】であった。そしてこの時の【2着馬】は【メイショウサムソン】で【テレビCM】でも言っている【同期のダービー馬】であった。よって相手には【ドバイ帰り】の【ダービー馬・エイシンフラッシュ】を考えたい。【エプソムC】の【3歳馬・セイクレットレーヴ(夢)】は【アドマイヤムーン産駒】である。
 【プリンシパルS優勝馬】が【エプソムC】を勝利し、【エアグルーヴの仔】が【マーメイドS】を勝利した。【エプソムC】【マーメイドS】はどちらも昨年【3歳馬】の出走が無かった競走である。そして【宝塚記念】も同様に昨年は【3歳馬】の出走は無かった。

 【プリンシパルS優勝馬】+【エアグルーヴの仔
                   =【ルーラーシップ】

エプソムC予想

 土曜日の【アハルテケS】も【枠連ゾロ目】であった。来年以降どうなるか分からない【夏の東京4日間開催】なので、今年はこのような決着で統一することも考えられる。

 【アハルテケS】の【番】【番】は【アドマイヤ馬名】であった。【ダービー】【安田記念】と【アドマイヤ馬名】がポイントになったことから、これが【第29回・エプソムC】のヒントと考える。
 【エプソムC】の【番】【番】は【石橋脩】【中舘】である。この2人は昨年の【朱鷺S】の【1着】【2着】である。そして【6月10日】は【の記念日】である。

   2011年・朱鷺S【13頭⇒12頭】
 ①8枠13番・オセアニアボス【石橋脩】
 ②8枠12番・メイビリーヴ【中舘】
 ③6枠9番・トゥニーポート【田辺】

 昨年の【朱鷺S】の時期には【ホーリックス(NZ)死亡】のニュースがあった。

 【6月6日】に【仁親王殿下】が逝去された。【66歳】、皇位継承順位は【第6位】であられた。仁さまは戦後、皇族としては初めての海外留学で英オックスフォード大学に学ばれた。
 【アドマイヤベガ】の【ダービー】は【第66回】で【6月6日】であった。そして前日の【エプソムC】は【枠連6-6】で、優勝したのは【アメリカンボス】であった。

   1999年・エプソムC【18頭】
 ①6枠11番・アメリカンボス【江田照】
 ②6枠12番・シグナスヒーロー【蛯名】
 ③4枠7番・リワードニンファ【後藤】

 仁さまの誕生日は【1月5日】である。今年の【中山金杯】は【枠連6-6】であった。また記念すべき最初の【夏のメイクデビュー東京】も【枠連6-6(3着は7枠)】であった。

 ◎ヤマカツハクリュウ(クロフネ産駒)
 ◎´オセアニアボス
 ○セイクレットレーヴ
 ▲モンテエン
 △ダイワファルコン・トップゾーン
  サンライズベガ・レッドデイヴィス

安田記念回顧

 【グランプリボス】【ストロングリターン】は良かったのですが、【ローズキングダム】【アパパネ】は【ハズレ】でした。また馬券は【単勝】【馬単】はダメで、【3連複】【3連単】にも届きませんでした。

 今回は【過渡期】であったようです。【3歳馬】も【不出走】でした。

   2012年・安田記念【夏季番組として初年】
 ①2枠4番・ストロングリターン(前年・安田記念)
 ②2枠3番・グランプリボス(前年・NHKマイルC①)
 ③4枠8番・コスモセンサー【松岡・乗り替わり】

   2007年・ヴィクトリアM【Jpn初年】
 ①2枠4番・コイウタ(松岡/前年・クイーンC①)
 ②2枠3番・アサヒライジング(柴田善/前年・クイーンC②)

   2009年・ヴィクトリアM【新G初年】
 ①3枠6番・ウオッカ(前年・ヴィクトリアM)

 【2007年】と【2009年】の【ヴィクトリアM】を同時に行ったような結果でした。今年の【ヴィクトリアM】の枠順で【2枠4番・松岡】【2枠3番・柴田善】であったのも、今回の【予告】であったようです。
 また続いていた【クロフネ関連】ですが、今回は【産駒】が存在しませんでした。使われたのは【クロフネ】の【NHKマイルC】の【優勝ゼッケン】でした。そして【考察①】で書いた【ペルーサ】【ショウナンマイティ】の演出も関係がありました。

   2001年・武蔵野S
 ①8枠15番クロフネ(当年・NHKマイルC①)
 ②8枠16番・イーグルカフェ(前年・NHKマイルC①)

 【枠連2-2(4⇒3)】は昨年の【朝日杯FS】の目でもあります。【朝日杯⇒安田記念】を初めて行った【アドマイヤコジーン】の【朝日杯】も【5-5】の【枠連ゾロ目】でした。(【安田記念】は【枠連8-8】)



 理由は不明ですが、【アドマイヤベガ(1999年・ダービー馬)】【アドマイヤコジーン(2002年・安田記念馬)】ときました。【宝塚記念】ではどうしても【アドマイヤムーン(2007年・宝塚記念馬)】に目が行きます。また【クロフネ関連】にも引き続き注意です。

安田記念予想

 昨年までは【2歳馬】が最初に見る【GⅠ】は【宝塚記念】であった。それが今年から【安田記念】となった。
 【主催者】は【ダービーの翌週から翌年のダービーへ】と謳っているが、【2歳馬達】が最初に目指す【GⅠ】は、とりあえずは【阪神JF】と【朝日杯FS】すなわち【マイルGⅠ】である。
 また昨年から今年にかけての【マイルGⅠ】の連対馬には以下のような馬達が起用された。

 安田記念・リアルインパクト
 マイルCS・エイシンアポロン
        フィフスペトル
 ヴィクトリアM・ホエールキャプチャ

 これらの馬達は【阪神JF】【朝日杯FS】の【2着馬】である。そして今回は【1着馬達】の出番なのでは?と考える。

 朝日杯FS・グランプリボス
        ローズキングダム
  阪神JF・アパパネ

 同世代の【ローズキングダム】と【アパパネ】は今回が初対決である。また【ペルーサ】に関してであるが、【サンテミリオン】も用いて以下のように考える。

 ペルーサ(2011年・ジャパンC最下位)
  2010年・ジャパンC(東京・芝2400M)
 隣りの【ローズキングダム】が優勝【繰り上がり

 サンテミリオン(先週・目黒記念最下位)
  2010年・オークス(東京・芝2400M)
 隣りの【アパパネ】も優勝【同着

 【繰り上がり】【同着】から【GⅠとしての最初のフェブラリーS】の優勝馬【シンコウウインディ】が導き出される。(2011年・フェブラリーS考察2参照)
 【1997年】は【鳴尾記念】が【宝塚記念】のステップ競走として【移設】された年である。今年は再び同様のことが行われた。また【安田記念】も【夏季番組としては最初】である。

 【グランプリボス】であるが、【安田記念】を優勝した【NHKマイルC優勝馬】はこれまで存在しない。しかしこの馬は【朝日杯FS優勝馬】として【NHKマイルC】を優勝した【初めて】の馬である。またこの馬は【ブエナビスタ】を目指しているようにも思える。(上で述べた【ローズキングダム】【アパパネ】は【ブエナビスタ】を破った馬でもある。)

   ブエナビスタ
 2008年・阪神JF
 2009年・桜花賞
 2010年・ヴィクトリアM

   グランプリボス
 2010年・朝日杯FS
 2011年・NHKマイルC
 2012年・安田記念?

 【マイラーズC】出走馬は7頭いるが、【マイラーズC】【京王杯SC】の両方に出走した馬が【グランプリボス】唯1頭というのも気になる。(昨年は3頭存在した。)

 ◎グランプリボス
 ◎´ストロングリターン
 ○ローズキングダム
 ▲アパパネ
 △ガルボ・ラッキーナイン
  リアルインパクト・ドナウブルー

 今回ともに優勝馬が出走する【東京新聞杯】【京都牝馬S】が【枠連ゾロ目】であったことから、【◎グランプリボス】=【◎´ストロングリターン】の組み合わせも考えたい。
 【朝日杯⇒安田記念】を初めて行った【アドマイヤコジーン】は【枠連8-8】で優勝した。この時の【18⇒17⇒2】は【サンテミリオン(アパパネ)】の【オークス】と同じである。また今回は【第62回】であるが【6月2日施行】の【安田記念】は【グレード制導入後】はこの【2002年】だけである。

 先週が【アドマイヤベガ】⇒【5月・の日がある月】で、今週が【アドマイヤコジーン】⇒【6月・の日がある月】ということか?(この2頭は同世代でもある。)

安田記念考察②

 今年【春季⇒夏季】の変更があった【安田記念】であるが、この競走はこれまでにもいくつかの変更があった。その中の一つに【国際競走】となった【1993年】がある。この年は【ヤマニンゼファー】が優勝し、前年に続く【連覇】であった。この時【安田記念】は【GⅠ】では【ジャパンC】に続く二つ目の【国際競走】であった。(【ジャパンC】は【1992年】から【国際GⅠ競走】)
 以上から【ジャパンC⇒安田記念】のつながりが考えられる。今回【ペルーサ】は【ジャパンC最下位⇒レーティング1位】であるが、これは【連覇】が懸かる【リアルインパクト(マイラーズC最下位⇒安田記念?)】に対する【サイン】とも考えられる。

 移設された【マイラーズC】は【シルポート】の【連覇】であった。【マイラーズC】の【連覇】は【ダイタクヘリオス】以来である。この時も【中京(1991年)】【阪神(1992年)】と異なる競馬場での【連覇】であった。またともに【4枠】での勝利であった。これに対して【シルポート】の【連覇】はともに【8枠17番】であった。

   2011年・マイラーズC【阪神】
 ①8枠17番・シルポート
 ⑱7枠14番・アブソリュート
  (7枠14番⇒安田記念優勝)

   2012年・マイラーズC【京都】
 ①8枠17番・シルポート
 ⑱7枠14番・リアルインパクト
  (7枠14番⇒安田記念?)
  (リアルインパクト⇒安田記念?)

 さらに興味深いのは【最下位ゼッケン】も同じで、今年の最下位馬は昨年の【安田記念優勝馬】であった。これらにも注目したい。
 また【ダイタクヘリオス】の【2年目】は【1992年】で、これは【ヤマニンゼファー】の【1回目】の優勝の年である。この年は【天皇賞(春)】が1週繰り上げられ、【天皇賞(春)⇒安田記念】が中2週となった。そして早速【カミノクレッセ】が【連続2着】した。ちなみに翌年の【ヤマニンゼファー】の2着馬も【前走・天皇賞(春)】の【イクノディクタス】であった。今回の【ローズキングダム】が【前走・天皇賞(春)】である。調べてみると【前走・天皇賞(春)】の出走は【1998年・イシノサンデー】以来であった。これも注意したい。

 【香港馬】であるが、正直よくわからない。ただ今年は【アジアマイルチャレンジ】が行われないようである。
FC2カウンター
プロフィール

FJK

Author:FJK
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。