有馬記念回顧

 今年最後もダメな予想となりました。

 最後に書いた【ダノンヨーヨー】【シルポート】からの【天皇賞・春】【ジャパンC】【有馬記念】は、【シンボリルドルフ】が【4歳時】に勝利した【GⅠレース】ということで【何か】をつなげてくると考えましたが、【エイシンフラッシュ】での【2着(枠)】という結果でした。
 また【昨年の皐月賞1~4着馬】は【ダービーの優先出走権】を表していたようです。【ペルーサ(青葉賞1着)】は回避しましたが【3着・トゥザグローリー(青葉賞2着)】【4着・ルーラーシップ(プリンシパルS1着)】であり、【逆枠1着同枠・ローズキングダム(ダービー2着)】【2着・エイシンフラッシュ(ダービー1着)】でした。そしてこれは【1992年】を再現していたと考えます。(昨年の2番人気・1番人気・14番人気は、【1991年】の14番人気・1番人気・2番人気と考えられる。)

   【1992年・有馬記念】
 ①メジロパーマー
  (同枠レオダーバン・前年ダービー2着)
 ②レガシーワールド
  (同枠トウカイテイオー・前年ダービー1着)
 ③ナイスネイチャ(前年有馬記念3着)

 【1992年】は前年秋に導入された【馬連】が完全実施された最初の年です。そして今年は【牡馬クラシック三冠】すべてで【WIN5】が発売されました。つまり【トウカイテイオー】の【ダービー】は【馬連導入前年】であり、【エイシンフラッシュ】の【ダービー】は【WIN5導入前年】でした。ちなみにこの2つの【ダービー】はそれぞれ【裏1番】【1番】が優勝し、【2・3着】が同枠でした。
 また【レオダーバン】【ローズキングダム】は【菊花賞】に出走し連対していたのに対して、【トウカイテイオー】【エイシンフラッシュ】は【菊花賞】には不出走でした。
 これらについては【考察⑤】の後で少し考えましたが、記事にするには至りませんでした。反省です。

 【朝日杯】【皐月賞】【ダービー】【菊花賞(1着同枠)】の【ミホノブルボン】、【朝日杯】【皐月賞】【ダービー】【菊花賞】【有馬記念】の【ナリタブライアン】、【皐月賞】【ダービー】【菊花賞】【有馬記念】の【オルフェーヴル】。いずれも3歳時には【ジャパンC】には出走していません。【ディープインパクト】も3歳時は【ジャパンC】には出走していませんが【有馬記念】を遠慮しました。
 【オルフェーヴル】の前途は険しいように思えます。
スポンサーサイト

サイン馬

 【毎日王冠】【天皇賞・秋】【マイルCS】と【3回連続】で隣接した【ダノンヨーヨー】と【シルポート】。【マイルCS予想】では【カンパニー】と結論づけた。しかしこの2頭は【サイン馬】であるのでは?とも考えた。
 【安田記念】ではそれぞれ【1着枠】【2着枠】に入っていた。そして【天皇賞・秋】【マイルCS】での【馬番】が他の【GⅠレース】で【1着】【3着】している。

     【マイルCS(京都GⅠ)18頭】
   1枠2番・ダノンヨーヨー
   2枠3番・シルポート

     【天皇賞・春(京都GⅠ)18頭】
   1枠2番・ヒルノダムール(1着)
   2枠3番・ナムラクレセント(3着)
         エイシンフラッシュ(2着)


     【天皇賞・秋(東京GⅠ)18頭】
   1枠2番・ダノンヨーヨー
   1枠1番・シルポート

     【ジャパンC(東京GⅠ)16頭】
   1枠2番・ブエナビスタ(1着)
   1枠1番・ジャガーメイル(3着)
         エイシンフラッシュ(2着同枠)


     【毎日王冠(東京GⅡ)11頭】
   3枠3番・ダノンヨーヨー
   2枠2番・シルポート

     【有馬記念(中山GⅠ)14頭⇒13頭】
   3枠3番・ヒルノダムール(?着)
   2枠2番・ヴィクトワールピサ(?着)
         エイシンフラッシュ(?)

 先の2レースとは異なり、今回は【場所】も【グレード】も違っている。が【16頭】を割らせることによって【1枠~3枠】が【単枠】となった。
 また【マイルCS】⇒【天皇賞・春】は施行順が逆となっているが、このような【サイン】では1回目から【サイン】であると認識することは通常は不可能である。よって【3回目】くらいが勝負となる。
 以上のことからも【◎ヒルノダムール】【▲ヴィクトワールピサ】となった。また【エイシンフラッシュ】が【2着枠】となっているので、【△エイシンフラッシュ】だけでなく【☆キングトップガン】も相手に加える。

有馬記念予想

 数学で【フィボナッチ数列】というのがある。

   0・1・1・2・3・5・8・13・21・・・

 最初の二項は0・1と定義され、以後はどの項もその前の2つの項の和となっている数列である。今回の出馬表の【2番】【3番】【5番】【8番】はそれぞれ

   2番・ヴィクトワールピサ
   3番・ヒルノダムール
   5番・エイシンフラッシュ
   8番・ローズキングダム

であり、これらの馬達は【昨年の皐月賞】の【1~4着馬】である。しかも入着順になっている。また【昨年の皐月賞】に出走していたのはこの4頭だけである。
 ちなみに【フィボナッチ数列】の【フィボナッチ】とはイタリアの数学者【レオナルド・フィボナッチ】のことで、本名は【レオナルド・ダ・ピサ(ピサのレオナルド)】という。

 今年は【皐月賞】が【中山競馬場】では行われなかった。そこで【昨年の皐月賞】を持ち出したのでは?と考える。
 またやはり【皐月賞】が【中山競馬場】で行われなかった【1988年・有馬記念(昭和最後であった)】では【単枠指定馬】3頭による【1~3着】であった。

   1988年・有馬記念(13頭)
 ①6枠10番・オグリキャップ(単枠指定)
 ②7枠11番・タマモクロス(単枠指定)
 ③3枠5番・サッカーボーイ(単枠指定)
失格4枠7番・スーパークリーク(3位入線)



 ◎ヒルノダムール
 ○トーセンジョーダン ○´オルフェーヴル
 ▲ヴィクトワールピサ
 △ローズキングダム ブエナビスタ
  エイシンフラッシュ レッドデイヴィス

 馬券は【ヒルノダムール】【ヴィクトワールピサ】の2頭軸ながしを中心とする。

有馬記念考察⑧

 今回の【新聞広告】のコピーは

   その名前は
      名前じゃない何かにきこえた。

また【テレビCM】は

   オグリキャップ復活、
   ラストラン

   神はいる。そう思った。

である。これをふまえて出馬表を見てみた。

 3枠3番・ヒルノダムー藤田
 3枠4番・ペルー安藤勝・JC最下位

  【神はいる。】⇒【ネ 申はいる。】
3枠の馬名の最後をつなげると【サル(申)】である。

  【ラストラン。】⇒【ラス トラン】
ラス】は麻雀などでは【最下位】の意味で使われる。
トラン】からは【トランセンド(藤田)】が連想される。

 この時の【オグリキャップ(武豊)】の2着は【メジロライアン(横山典)】であった。そして今回は土壇場で【横山典⇒安藤勝】【安藤勝⇒武豊】の乗り替わりがあった。
 【安藤勝】もまた地方時代の【オグリキャップ】に騎乗し7戦7勝であった。



 今年の【最後の京都開催GⅠ】である【マイルCS】は、今年最初の京都の重賞【京都金杯】の【枠連(1-3)】が使用された。したがって今年の【最後の中山開催GⅠ】である【有馬記念】は、今年最初の中山の重賞【中山金杯】の【馬連(3-4)】が使用されることも考えられる。今秋の【天皇賞・秋】【ジャパンC】ではともに【ワイドゾロ目】が発生している。(【天皇賞・秋⇒2着・3着】【ジャパンC⇒1着・3着】で残るのは【1着・2着】)

有馬記念考察⑦

 【考察③】で取り上げた【オルフェーヴル(池添)】【ヒルノダムール(藤田)】と【武豊】が騎乗することになった【レッドデイヴィス】。この3頭だけが今回【ラストラン】となる【ブエナビスタ】と未対決である。
 また今回は【フルゲート】にはならない。そこで【前年取消あり&フルゲート割れ】から【2008年(ダイワスカーレット)】を考える。

 【ダイワスカーレット】    【ヒルノダムール】
 エ女王杯①(京都)       
 有馬記念②(中山)     皐月賞②(中山)
 大阪杯①(7-7)      大阪杯①(第55回)
 天皇賞・秋②         天皇賞・春①(京都)
 有馬記念①(8-8)     有馬記念

 【Jpnクラシック元年】を走った【ダイワスカーレット】の【初GⅠ】は【エリザベス女王杯】であった。そして【ヒルノダムール】との共通点がいくつか見られる。
 また今年は【高松宮記念】の【阪神施行】によって、2つずつある【スプリントGⅠ】と【グランプリ】が【阪神】【中山】のみでの施行となった。さらに【震災】の影響で、【3月から4月】にかけて【阪神】⇒【中山】と変更された【重賞】も多数存在した。その【3月から4月】の【阪神GⅡ・阪神牝馬S】の優勝馬(カレンチャン)が【スプリンターズS】を勝利したことから、【阪神GⅡ・産経大阪杯】の優勝馬が【有馬記念】を勝利することも考えられる。



 以前に【メジロデュレン】について書いた。今回【ビッグウィーク】は出走しないが、その役目を【ヒルノダムール】が引き継いだと考える。それは以下の理由による。

 【1986年・菊花賞】  【2011年・天皇賞(春)】
 ①メジロデュレン    ①ヒルノダムール
 ②ダイナガリバー   ②エイシンフラッシュ
  (ダービー馬)      (ダービー馬)

 【メジロデュレン】は【菊花賞】以来の勝利が【有馬記念】であった。【ヒルノダムール】も【天皇賞(春)】以降は勝利が無い。そして【ビッグウィーク】もまた【菊花賞】以降は未勝利である。
 【メジロデュレン】の【2着】は、牡牝合わせて4頭いた【3歳GⅠ馬(2頭は二冠馬)】以外の【3歳馬・ユーワジェームス】であった。よって【レッドデイヴィス】にも注意する。
(【メジロデュレン】は【前走・鳴尾記念⑩⇒当時はGⅡ・2500M】・【レッドデイヴィス】は【前走・鳴尾記念①】・【ヒルノダムール】は【昨年・鳴尾記念②】)

有馬記念考察⑥

 今回の【ファン投票】の【10位以内】で出走しないのは【6位・アパパネ】【10位・ウインバリアシオン】の2頭である。

 【アパパネ(牝4)】・・・三冠馬(オークス・ゾロ目)
 【ウインバリアシオン(牡3)】・・・ダービー・菊花賞②
       (ダービー・菊花賞は1番人気が優勝) 

 【オルフェーヴル(牡3)】・・・三冠馬(菊花賞・ゾロ目)
 【ローズキングダム(牡4)】・・・ダービー・菊花賞②
       (ダービー・菊花賞は7番人気が優勝)



 また【6位】【10位】から【馬連6-10】を連想すると

   【2005年12月25日・有馬記念(16頭)】
 ①5枠10番・ハーツクライ(牡4・ダービー②)
 ②3枠6番・ディープインパクト(牡3・三冠馬)

有馬記念考察⑤

 【朝日杯FS】は【きんもくせい特別(今年は新潟1600M)】優勝馬の【アルフレード】が勝利した。
 この【きんもくせい特別(通常は福島1700M)】優勝馬の【朝日杯】優勝は【ナリタブライアン(1993年)】以来である。出馬表で【池添騎手(オルフェーヴル)】【蛯名騎手(アパパネ)】にはさまれていたのも偶然ではないように思える。

 以上からも【有馬記念】は【1993年(トウカイテイオー)】を考えたい。ただ【トウカイテイオー】は前年も【2着同枠】であったので【1992年】も合わせて考える。
 また【1991年~1993年】は【ナイスネイチャ】が【3年連続3着】した期間である。よって【ブエナビスタ】の【3年連続】にも注意したい。

有馬記念考察④

 【ブエナビスタ】がレース後に引退式を行うそうである。ここから【タイキシャトル】が思い浮かぶ。

  【1998年・スプリンターズS】
 ①5枠10番・マイネルラヴ
 ②2枠3番・シーキングザパール
 ③7枠13番・タイキシャトル

 そして以下が今年の【スプリンターズS】で枠番・馬番に一致が見られる。

  【2011年・スプリンターズS】
 ①5枠10番・カレンチャン
 ②2枠3番・パドトロワ
 ③7枠14番・エーシンヴァーゴウ



 また【1998年】は【スプリンターズS】の翌週が【有馬記念】であり、【グラスワンダー】が勝利した。

 【グラスワンダー】1997年・朝日杯①
 【マイネルラヴ】  1997年・朝日杯②

 今年はこれまでは以下のようになっている。

  【2009年・朝日杯FS】
 ①ローズキングダム【          】
 ②エイシンアポロン【マイルCS優勝】

  【2010年・朝日杯FS】
 ①グランプリボス【NHKマイルC優勝】
 ②リアルインパクト【安田記念優勝】



 今回の【テレビCM】は【オグリキャップ】である。勝利した【GⅠ】は以下の4つである。

    【88有馬記念】【89マイルCS】
    【90安田記念】【90有馬記念】

 また当時は【NHKマイルC】は無く、同じ【3歳限定(当時は4歳)・東京1600M】は【GⅡ・ニュージーランドT】で、【オグリキャップ】はこれを勝利している。



 今回【ローズキングダム】は【京都大賞典】を勝った【後藤騎手】に乗り替わる。【1990年】の【オグリキャップ】も、同年に【安田記念】を勝った【武豊騎手】に乗り替わっての勝利であった。

有馬記念考察③

 【有馬記念】の登録馬が発表された。ちょうど【16頭】でフルゲート割れしそうである。また【オルフェーヴル考察①】で書いた【ビッグウィーク】の登録は無かった。

 【今年の漢字】に【絆】が選ばれた。この【絆】で思い出されるのが【1987年・有馬記念】である。何であったか忘れたが【手綱より絆】というコピーの広告があった。この時デビューからずっと同じ騎手が手綱を取っている馬が3頭いて、それは【メジロデュレン(村本)】【ユーワジェームス(安田富)】【メリーナイス(根本)】であった。そして結果は以下のようであった。

   【1987年・有馬記念】
  ①4枠7番・メジロデュレン
  ②4枠8番・ユーワジェームス
  止3枠5番・サクラスターオー
  止7枠14番・メリーナイス

 登録馬でデビューから騎手の乗り替わりが無いのは【オルフェーヴル(池添)】【ヒルノダムール(藤田)】の2頭である。【ジャパンC】に出走しなかった【クラシック三冠馬】と【春の天皇賞馬】である。【天皇賞・春回顧】でも書いたが、この2頭の今年の成績は似ている。さらに【震災後】はともに国内では負け無しである。

 オルフェーブル      ヒルノダムール
  京都GⅢ②(シン記)    京都GⅡ②(日経新)
  京都GⅢ③        京都GⅡ③
  阪神GⅡ①        阪神GⅡ①
  東京GⅠ①        京都GⅠ①

 【藤田騎手】も今年は【トランセンド】で【中央ダート三冠】を達成した。

有馬記念考察②

 ともに【キングカメハメハ産駒】である【ローズキングダム】と【アパパネ】は【最後の2歳JpnⅠ馬】である。
 翌年の【3歳GⅠ】では【アパパネ】の【三冠】に対して【ローズキングダム】は【無冠】に終わった。しかし【古馬初挑戦GⅠ】では逆の結果となった。(【アパパネ・3着】【ローズキングダム・優勝】)
 今年の春【アパパネ】は【ヴィクトリアM】で【ブエナビスタ】を破った。しかしその後、「国内では勝てない」と悟ったのかどうかはわからないが、今は香港にいる。また【ローズキングダム】は【8頭立て】の【京都大賞典】を優勝したのみである。
 これまでの【ローズキングダム】と【アパパネ】の対称性から、秋季は【ローズキングダム】に可能性があるのでは?と考える。そしてこの馬は【トウカイテイオー】を目指しているのではなかろうか?

 【トウカイテイオー】
  (最後の馬連発売なし皐月賞・ダービー馬)
   大阪杯①(8頭立て)
   ジャパンC①
   有馬記念①(前年敗退)
  (古馬では以上3勝のみ)

 【ローズキングダム】
  (最後のJpnⅠ朝日杯FS馬)
   ジャパンC①
   京都大賞典①(8頭立て)
   有馬記念?(前年取消)

 【ジャパンC】で【Jpnクラシック二冠馬】を、【JCダート】で【(現時点においての)最後のJRA競馬場施行JpnⅠ優勝馬】を優勝させたことも無関係ではないはずである。

有馬記念考察①

 【ブエナビスタ】が敗れた【国内GⅠレース】の優勝馬で、その後の【国内GⅠレース】を優勝した馬はこれまで1頭も存在しない。(国外GⅠでは【ヴィクトワールピサ】が【ドバイWC】を優勝)

 【09秋華賞・レッドディザイア】
   09・ジャパンC③
   10・ヴィクトリアM④
   10・有馬記念⑭

 【09エ女王杯・クィーンスプマンテ】
   国内GⅠ不出走

 【09有馬記念・ドリームジャーニー】
   10・宝塚記念④
   10・有馬記念⑬
   11・宝塚記念⑩

 【10宝塚記念・ナカヤマフェスタ】
   10・ジャパンC⑭

 【10ジャパンC・ローズキングダム】
   10・有馬記念・消
   11・天皇賞(春)⑪
   11・宝塚記念④
   11・天皇賞(秋)⑩
   11・ジャパンC⑨

 【10有馬記念・ヴィクトワールピサ】
   11・ジャパンC⑬

 【11ヴィクトリアM・アパパネ】
   11・安田記念⑥
   11・エ女王杯③

 【11宝塚記念・アーネストリー】
   11・天皇賞(秋)⑭

 【11天皇賞(秋)・トーセンジョーダン】
   11・ジャパンC②

 この馬たちは【ブエナビスタ】が引退するまでは【国内GⅠレース】を勝てないのではとも考えた。しかし【ブエナビスタ】が再挑戦で【ジャパンC】を勝利したことによって、昨年のJC馬【ローズキングダム】だけはこの【呪い】を解かれたのではないかと考える。

(考察②につづく)

JCダート回顧

 ◎が来なければ馬券は当たりません。

 【有馬記念】では何とかしたいです。

JCダート予想【*追記あり】

 女性3人組テクノユニット【パフューム】の4作目のアルバム【JPN】が11月30日に発売された。前作「⊿」からは【2年4カ月ぶり】だそうである。タイトルもさることながら、前作のアルバムの発売日が【2009年7月8日】で【第11回ジャパンダートダービ】の日であった。

  【第11回ジャパンダートダービ(JpnⅠ)】
 ①テスタマッタ
 ②シルクメビウス(2009年・2着)
 ③ゴールデンチケット(2009年・3着)
 ④グロリアスノア(2010年・2着)
 ⑤ワンダーアキュート

 かっこ内はその馬の【JCダート】での成績である。今回は【テスタマッタ】の出番と考える。そして【エスポワールシチー】との同枠は、【ジャパンC回顧】でも書いた【2010年・フェブラリーS】と同じである。【考察②】より【テスタマッタ】【エスポワールシチー】の2頭軸は買う。

 ◎テスタマッタ
 ○ワンダーアキュート ○´エスポワールシチー
 ▲ダノンカモン
 △バーディバーディ・トランセンド
  ダイショウジェット・ヤマニンキングリー

 今週末は更新できない可能性が高いので早めの予想となりました。



 【鳴尾記念】に出走の【サダムパテック】【ダンツホウテイ】は【3月6日】にそれぞれ【弥生賞】【大阪城S】を勝利している。そして同じ日に行われた【仁川S】で【テスタマッタ】【ワンダーアキュート】は同じ緑の帽子で【3着】【1着】であった。(結果は14頭立ての馬単9⇒5)

 「阪神競馬場発! 世界を揺るがす砂上決戦」

 【阪神競馬場発】は【仁川S】を指し示しているのではと考える。

JCダート考察②

 今回の【ステップレース】を見てみると以下のようになっている。

  【JBCクラシック(枠連7-7)】1着馬不出走
  【みやこS(枠連3-3)】
  【武蔵野S】1着馬不出走

 【みやこS】が2年目にして早くも【ゾロ目】を出した。過去には【NHKマイルC】のトライアルとなった【NZT】がやはり2年目に【ゾロ目(8-8)】となり、本番も【ゾロ目(7-7)】だったこともある。(【シーキングザパール】【ブレーブテンダー】による連続1・2着)
 そして【1着馬】が出走しない【JBCクラシック】【武蔵野S】の【2着馬】は【トランセンド】【ダノンカモン】で、【東京・マイルCS南部杯】の【1・2着馬】である。つまりこの2頭は【東京・マイルCS南部杯】の後は一方は【Jpn】、他方は【G】を経由しての出走である。この優劣がポイントになると考える。

 また【阪神開催】となった【2008年以降】で見てみると次のようになる。(みやこSは2010年に新設)

  【2008年・外国馬あり
 ①カネヒキリ(武蔵野S⑨)
  JBCクラシック馬・あり
  武蔵野S馬・なし

  【2009年・外国馬あり
 ①エスポワールシチー(南部杯①)
  JBCクラシック馬・あり
  武蔵野S馬・あり

  【2010年・外国馬なし
 ①トランセンド(みやこS①)
  JBCクラシック馬・なし
  みやこS馬・あり⇒優勝馬
  武蔵野S馬・あり⇒2着馬

  【2011年・外国馬なし
 ①
  JBCクラシック馬・なし
  みやこS馬・あり
  武蔵野S馬・なし

 昨年に続いて【外国馬】【JBCクラシック馬】の出走がない。そこで【2009年】【2010年】の比較から【Jpn】よりも【G】を優位と考える。それは【武蔵野S組】で、このレースの優勝馬が出走していない【2008年】には【武蔵野S・9着】の【カネヒキリ】が優勝している。また【2年目・NHKマイルC】の例から【エスポワールシチー】の【ゾロ目】は警戒する。



 考察①で【トランセンド】⇒【東京大賞典】と書いたが、新聞によると【トランセンド】の年内の出走は【JCダート】が最後のようである。そして【東京大賞典】では【スマートファルコン】が【帝王賞】【JBCクラシック】と合わせた【大井・ダート2000】の【三冠】(同一年ではこれまで未達成)を目指すようである。しかし【JpnⅠ⇒GⅠ】となった【東京大賞典】では勝てないのでは?と考える。【ブエナビスタ】が【JpnⅠ⇒GⅠ】の【秋華賞】を勝てなかったように・・・。
FC2カウンター
プロフィール

FJK

Author:FJK
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR