スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝塚記念予想

 【テレビCM】の【タップダンスシチー】は【ジャパンC(2003年)】と【宝塚記念(2004年)】を優勝している。


     ジャパンC       宝塚記念
   ジェンティルドンナ   ゴールドシップ(ジェンティルドンナ)
   オルフェーヴル     ダノンバラード

   ジェンティルドンナ   ゴールドシップ
   デニムアンドルビー   カレンミロティック(ジェンティルドンナ)

   エピファネイア(ジェンティルドンナ)
   ジャスタウェイ


   タップダンスシチー【2003年⇒2004年】
 ジャパンC(優勝) ⇒ 宝塚記念(優勝)

   デニムアンドルビー&カレンミロティック【2013年⇒2014年】
 ジャパンC(2着) ⇒ 宝塚記念(2着)



 【JRAホームページ】では昨年のレースの【静止画】が表示される。(【ドゥラメンテ】と交互に表示される。)

   5枠5番カレンミロティック【2着】
   5枠6番・ジェンティルドンナ【9着】
   8枠11番・ゴールドシップ【優勝】
   2枠2番・デニムアンドルビー【5着】

 【静止画】では以上の順番で並んでいる。【考察】では【12年周期】から【ゾロ目】を考えたが、【5番】と【6番】から成る【3枠】の【ゾロ目】と考える。これは【静止画】とも一致する。
 また【デニムアンドルビー】と【ゴールドシップ】は【取消】等によって、それぞれ昨年の【ダービー馬】【菊花賞馬】と組む可能性がある。



 ◎デニムアンドルビー
 ◯カレンミロティック
 ◯´ゴールドシップ
 ▲アドマイヤスピカ
 △ラブリーデイ・トーセンスターダム
  ワンアンドオンリー・トーホウジャッカル

 【安田記念考察②で【ジェンティルドンナ】の【GⅠ連対馬番】について書いた。残っていたのが【2枠4番】【8枠15番】であった。今回【ゴールドシップ】が【8枠15番】となったので、【2枠4番・アドマイヤスピカ】との組み合わせは買う。(やはり【考察】で書いた【枠連1-7】も押さえる。)
スポンサーサイト

宝塚記念考察

 【GⅠ競走】を【馬番連勝】の導入を基準として【12年周期】で区切ると以下のようになる。


               ~1991年・宝塚記念
      1991年・天皇賞(秋)~2003年・宝塚記念
      2003年・スプリンターズS~2015年・宝塚記念
      2015年・スプリンターズS~


   第32回・宝塚記念【1991年】10頭立て
 優勝 1枠1番・メジロライアン【皐月賞①同】【ダービー②】【有馬記念②】
 2着 8枠10番・メジロマックイーン【菊花賞①】【天皇賞(春)①】
      ※対角ゾロ目

   第44回・宝塚記念【2003年】17頭立て
 優勝 5枠10番・ヒシミラクル【菊花賞①】【天皇賞(春)①】
 2着 5枠9番・ツルマルボーイ【前年・宝塚記念②】
      ※枠連ゾロ目

   第56回・宝塚記念【2015年】
      ワンアンドオンリー【皐月賞①同】【ダービー①】【有馬記念①同】
      トーホウジャッカル【菊花賞①】
      ゴールドシップ【菊花賞①】【天皇賞(春)①】
      カレンミロティック【前年・宝塚記念②】




 今回の【テレビCM】には【タマモクロス】【メジロライアン】【タップダンスシチー】が登場する。メインの【タップダンスシチー】は【金鯱賞(中京・芝2000・GⅡ)】を【3連覇】した馬である。
 この【金鯱賞】は【2012年】に施行時期が変更された。またこの年は【中京記念】にも大きな変更が行われた。それは施行時期のみならず、距離が【芝2000】から【芝1600】になった。

   第60回・中京記念【2012年】芝1600・1年目
 優勝 1枠2番・フラガラッハ
 2着 8枠16番・ショウリュウムーン

   第61回・中京記念【2013年】
 優勝 8枠16番・フラガラッハ
 2着 6枠12番・ミッキードリーム

   第62回・中京記念【2014年】
 優勝 8枠15番・サダムパテック
 2着 7枠14番・ミッキードリーム
 10着 3枠5番・フラガラッハ

 【フラガラッハ】の【3連覇】は達成されなかった。そのかわりに【ミッキードリーム】が【2年連続2着】となった。




 今年は【ジャパンC】【有馬記念】【天皇賞(春)】【天皇賞(秋)】【宝塚記念】の賞金が引き上げられた。また【ダービー】は【2013年】に【2億円】に引き上げられ、現在は【ジャパンC】【有馬記念】に次ぐ【第3位】である。

        【2013年】 【2014年】
  天皇賞(秋)【7⇒9⇒6】【4⇒1⇒15
  ジャパンC【7⇒9⇒5】【4⇒1⇒15
  有馬記念 【6⇒4⇒14】【4⇒6⇒14

        【2014年】 【2015年】   【2014年】【2015年】
  天皇賞(春)【7⇒12⇒6】【1⇒14⇒2】 【枠4-6】【枠1-7
  ダービー 【2⇒13⇒3】【14⇒1⇒11】 【枠1-7】【枠7-1
  宝塚記念 【11⇒5⇒3】【 ⇒ ⇒ 】 【枠8-5】【枠 - 

 秋のGⅠでは前の2年間で【出目】の一致があった。今回も考慮したい。過去の例としては【2002年】に【天皇賞(秋)】【ジャパンC】【有馬記念】がすべて【馬連1-8】であった。そこで【枠連1-7】なども考えたい。
 
FC2カウンター
プロフィール

FJK

Author:FJK
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。