宝塚記念予想

 4枠4番・ヒットザターゲット(3月6日生)【前走・8枠17番
 8枠11番・ゴールドシップ(3月6日生)【前走・4枠8番

   宝塚記念ファン投票の結果
 40位 スマートレイアー【Vマイル・4枠8番(武豊)】
 40位 トーセンスターダム【ダービー・8枠17番(武豊)】

   ハイセイコー(3月6日生)
 皐月賞優勝【4枠7番(16頭立て)】
 宝塚記念優勝【8枠10番(11頭立て)】



 【ハイセイコー】産駒の【GⅠ優勝馬】に【サンドピアリス】と【ハクタイセイ】がいる。

   サンドピアリス【馬名の意味・・・砂の貴婦人
 1989エリザベス女王杯【京都2400】優勝・・・単勝万馬券
 1990京都大賞典【京都2400】3着
 1991京都記念【京都2400】2着
   *エ女王杯と京都記念は現在は【京都2200】で日経新春杯が【京都2400】

   ハクタイセイ
 1990きさらぎ賞優勝【須貝尚介・・・ゴールドシップの調教師】
 1990皐月賞優勝【南井克巳】
 1990ダービー5着【武豊

 【ヒットザターゲット】は昨年の【京都大賞典】を【単勝万馬券】で優勝している。また【須貝尚介】と【武豊】はともに【ハクタイセイ】に騎乗経験がある。そして【ジェンティルドンナ】の馬名の意味が【貴婦人】である。



 ◎ゴールドシップ【皐月賞優勝馬】
 ◯ヒットザターゲット
 ◯´メイショウマンボ【エリザベス女王杯優勝馬】
 ▲ジェンティルドンナ
 △ホッコーブレーヴ・ウインバリアシオン

 【ヴェルデグリーン(緑緑)】から【枠連6-6】も買っておきたい。【ウインバリアシオン】と【トーセンジョーダン】はそれぞれ【日経賞】【AJCC】を【枠連6-6】で勝っている。
スポンサーサイト

宝塚記念メモ

   ゴールドシップ

 2012有馬記念【7枠13番】優勝
 2013有馬記念【7枠14番】3着

 2013天皇賞(春)【4枠8番】5着
 2014天皇賞(春)【4枠8番】7着(1着同枠)

 2013宝塚記念【8枠10番】優勝(3着同枠)
 2014宝塚記念【8枠11番】



   2014年から【天皇賞(春)・優先出走権付与対象競走】

 2013阪神大賞典【ゴールドシップ】宝塚記念優勝
 2014阪神大賞典【ゴールドシップ】

 2013日経賞【フェノーメノ】天皇賞(春)優勝
 2014日経賞【ウインバリアシオン(2着同枠)】天皇賞(春)2着

 2013大阪杯【オルフェーヴル】有馬記念優勝
 2014大阪杯【キズナ】



   2013有馬記念
 優勝 3枠6番・オルフェーヴル(池添謙一)
    【3枠5番・デスペラード(横山典弘)】
  2着 2枠4番・ウインバリアシオン(岩田康誠)
    【2枠3番・カレンミロティック(戸崎圭太)】
  3着 7枠14番・ゴールドシップ(R.ムーア)
    【7枠13番・トゥザグローリー(C.ルメール)】



   2005宝塚記念
 優勝 6枠11番・スイープトウショウ(池添謙一)
  2着 3枠4番・ハーツクライ(横山典弘)
  3着 4枠6番・ゼンノロブロイ(K.デザーモ)



   シンボリクリスエス

 2002天皇賞(秋)【中山】優勝
 2003天皇賞(秋)【東京】優勝・・・初の連覇

 2002ジャパンC【中山】3着(2着同枠)
 2003ジャパンC【東京】3着

 2002有馬記念【中山】優勝
 2003有馬記念【中山】優勝



   ジェンティルドンナ

 2012ジャパンC【東京】優勝(2着同枠)
 2013ジャパンC【東京】優勝・・・初の連覇

 2013ドバイシーマクラシック【メイダン】2着
 2014ドバイシーマクラシック【メイダン】優勝

 2013宝塚記念【阪神】3着(1着同枠)
 2014宝塚記念【阪神】

宝塚記念考察

 【ヒットザターゲット】はこれまでに【新潟大賞典(2012)】【小倉大賞典(2013)】【京都大賞典(2013)】を優勝している。しかし【大賞典完全制覇】が懸かった今年の【阪神大賞典】は【ゴールドシップ】によって阻まれた。
 【誕生日】が同じこの2頭は昨年の【宝塚記念】で初めて出会った。結果は【ゴールドシップ】の【最上位(優勝)】に対して、【ヒットザターゲット】は【最下位(11着)】であった。そして今年は【ファン投票選出・最上位】【ファン投票選出・最下位】として出走する。
 この2頭の【宝塚記念】以降の成績が以下である。

   ゴールドシップ
 宝塚記念①
 京都大賞典⑤【Hターゲットと対角配置】
 ジャパンC⑮

 有馬記念③
 阪神大賞典①【Hターゲットと対角配置】
 天皇賞(春)⑦【4枠8番】4枠7番が優勝

 宝塚記念

   ヒットザターゲット
 宝塚記念⑪
 京都大賞典①【Gシップと対角配置】
 天皇賞(秋)⑦【4枠8番】4枠7番が優勝

 ジャパンC⑪
 京都記念⑤
 阪神大賞典⑤【Gシップと対角配置】
 天皇賞(春)⑮

 宝塚記念

 これらには【対称性】がある。また今回【ヒットザターゲット】には【武豊】が騎乗予定であるが、これは昨年の【ジャパンC】と今年の【阪神大賞典】に続いて3度目となる。この2つのレースは【ジェンティルドンナ】と【ゴールドシップ】がそれぞれ【前年と異なる騎手】で【連覇】を達成している。今回【連覇】を目指す【ゴールドシップ】も【前年と異なる騎手】が騎乗する。(ちなみに【フェノーメノ】と【ヴィルシーナ】は【前年と同じ騎手】での【連覇】であった。)
 また【武豊】がポイントになりうるのは、前回の記事で書いた【宝塚記念ファン投票の結果】からである。

 40位 スマートレイアー【Vマイル・4枠8番】
 40位 トーセンスターダム【ダービー・8枠17番】

 発表された100位までで、ただ1組同順位であったこの2頭はともに直近の【GⅠ】では【武豊】が騎乗していた。また【4枠】と【8枠】は、昨年の【宝塚記念】で【馬券対象となった枠】である。さらに【武豊】は【NHKマイルC】では【4枠】、【安田記念】では【8枠】であった。そして騎乗がなかった【オークス】が【枠連5-5】で、今回の【施行回数(第55回)】と【テレビCM(2003年)】に一致する。

   武豊
 NHKマイルC【4枠8番】
 Vマイル【4枠8番】
 オークス【騎乗なし】枠連5-5
 ダービー【8枠17番】
 安田記念【8枠16番】

 最後に【ゴールドシップ】と【ヒットザターゲット】の【誕生日】の【3月6日】に関してである。
 これは【ハイセイコー】と同じである。【ハイセイコー】は【1974年・宝塚記念】の優勝馬で、これは今から【40年前】のことである。【宝塚記念ファン投票】で【40位】だけを2頭にした理由がここにあると考える。
 また【ハイセイコー】が優勝した【GⅠ(級)競走】は【皐月賞】と【宝塚記念】である。そして上半期で【JRA60周年記念競走】が実施されるのは【皐月賞】の日と【宝塚記念】の日である。
FC2カウンター
プロフィール

FJK

Author:FJK
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR