ピンゾロ

 本日の【京都10R・葵S】に【ピンゾロ】が出走する。戦歴を見てみると、その名にたがわぬものであった。
 昨日は【アドマイヤグルーヴ】【アドマイヤセプター】の【4枠7番】にふれたが、【マイネイサベル】の父【テレグノシス】の【NHKマイルC】も【1枠1番】であった。

   2002年・NHKマイルC
 ①テレグノシス【スプリングS②】
 ②アグネスソニック【スプリングS③】
 ③タニノギムレット【スプリングS①】

   2013年・ヴィクトリアマイル
  1枠1番・マイネイサベル【中山牝馬S①】
    (父・テレグノシス) 
  1枠2番・オールザットジャズ【中山牝馬S③】
    (父・タニノギムレット)

 【マイネイサベル】は昨年の【府中牝馬S】でも優勝しているが、その時の同枠馬も【オールザットジャズ】であった。また【阪神牝馬S】の【枠連8-8】は【裏1番-裏2番】である。



 追加馬券で【1枠2頭】の【馬連】【ワイド】と【3連単】【3連複】。3頭目は【府中牝馬S】【中山牝馬S】の2着がともに【4枠8番・スマートシルエット(父・ファルブラヴ)】であったことから、【表裏8番】の【ホエールキャプチャ】【ヴィルシーナ】と【アイムユアーズ(父・ファルブラヴ)】あたりを 。
 これが【東京12R・BSイレブン賞】の意味かも知れない。
スポンサーサイト

ヴィクトリアマイル予想

 先週の【マイネルホウオウ】は、その父【スズカフェニックス】の【2007年・高松宮記念】と同じ【4枠8番】で優勝した。(2着も【8枠17番】で同じであった。)
 新聞によると【アドマイヤセプター】の【4枠7番】は、その母【アドマイヤグルーヴ】の【2003年・エリザベス女王杯】と同じであるらしい。

 1996年・エリザベス女王杯
   ダンスパートナー
 2006年・ヴィクトリアマイル
   ダンスインザムード【北村宏司】

 2003年・エリザベス女王杯
   アドマイヤグルーヴ
 2013年・ヴィクトリアマイル
   アドマイヤセプター【北村宏司】

 【ダンスパートナー】の【10年後】に【ダンスインザムード】が勝利した。これは【北村宏司】騎手の唯一の【GⅠ勝利】である。この【北村宏司】騎手が今回は【アドマイヤセプター】に騎乗する。この騎手はこれまで【アドマイヤセプター】に騎乗したことは無い。
 また土曜の【京王杯スプリングC】では、前年優勝【サダムパテック】の同枠馬が優勝した。【アドマイヤセプター】の同枠馬は前年優勝の【ホエールキャプチャ】である。

 2012年・ヴィクトリアマイル
  ①ホエールキャプチャ
  ②レインボーダリア【同枠】

 2012年・エリザベス女王杯
  ①レインボーダリア
  ②ホエールキャプチャ【同枠】

 2013年・ヴィクトリアマイル
  ①ホエールキャプチャ【同枠】?
  ②レインボーダリア【同枠】?

 【アドマイヤセプター】の相手は、上の流れから【3度目】を期待して【アロマティコ】である。これは【桜花賞】【皐月賞】と同じ【7⇒14】となる。しかも今回は裏番の【5-12】がレース当日の【日付】とも一致する。そして【桜花賞】が2頭だけ出走していた【ディープインパクト産駒】であったのに対して、今回は2頭だけ出走している【キングカメハメハ産駒】である。上記の【ダンスインザムード】の【ヴィクトリアマイル】は【桜花賞】以来の勝利であった。

 【アドマイヤセプター】【アロマティコ】の前走は、それぞれ【高松宮記念】【福島牝馬S】である。これは【中京・1200芝】【福島・1800芝】であり、今年から【開始日】がそろえられた夏の【中京開催】【福島開催】の開幕週の重賞競走【CBC賞】【ラジオNIKKEI賞】でもある。



 ◎アドマイヤセプター
 ◯アロマティコ
 ▲アイムユアーズ
 △ジョワドヴィーヴル・ハナズゴール
  ヴィルシーナ

 枠連4-7が本線である。
FC2カウンター
プロフィール

FJK

Author:FJK
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR