有馬記念予想

 今年これまでに各競馬場で施行されてきた【近代競馬150周年記念競走】が以下である。

   根岸S【D1400M】
   天皇賞(春)【3200M】枠連1-8
   函館記念【2000M】
   中京記念【1600M】枠連1-8
   小倉記念【2000M】
   札幌記念【2000M】
   新潟記念【2000M】
   天皇賞(秋)【2000M】
   福島記念【2000M】

 【芝】の競走では【天皇賞(春)】【中京記念】【天皇賞(秋)】以外は【各競馬場名】持つ【2000M】の競走である。また【中京記念】であるが、昨年までは【競馬場名】持つ【2000M】の競走であった。ここに不自然さを感じる。【マイル戦】に変更するのは【GⅢ競走】であれば【中日新聞杯】などでも良かったはずである。そしてこの変更を横目で見ながら、昨年まで【宝塚記念】のステップ競走であった【中京・2000M】の【金鯱賞】が【有馬記念】のステップ競走となった。この優勝馬【オーシャンブルー】は【ネヴァブション】と同枠となったが、この2頭は除外となった【メイショウカンパク】よりも【ファン投票下位】であった2頭である。
 さらに中央競馬で【競馬場名】持つ【記念競走】は他に【京都記念(今回1・2着馬が出走)】と【中山記念(今回と7番・11番が同じ馬)】がある。(【東京記念】【阪神記念】は現在の中央競馬にはない。)これらは今年はともに【枠連1-3(3⇒1)】であった。これは【テレビCM】の【1977年・有馬記念】と同じである。



 土曜の【中山大障害】で【熊沢騎手】が優勝した。【熊沢騎手】といえば【ダイユウサク】である。【1991年】に1年の【最初】と【最後】の重賞である【金杯(西)】と【有馬記念】を優勝した。
 今年の【有馬記念】は【1年の最後の重賞】ではないが、【今年最後の日曜施行重賞】ではある。そこで【今年最初の日曜施行重賞】を見ると【シンザン記念】であり、【C.ルメール】の【ジェンティルドンナ】が優勝した。【ジェンティルドンナ】はいないが【C.ルメール】の騎乗はある。また【金鯱賞】の行われた【12月1日】は【愛子内親王さまの誕生日】である。そして【12月23日】は【天皇誕生日】である。



 今秋【ネヴァブション】の出走した3走を見てみると以下のようになっている。

   オールカマー【7枠14番】⇒同枠馬が優勝
     同日・神戸新聞杯【8枠14番】が優勝

   天皇賞(秋)【2枠3番】⇒同枠馬が2着

   ステイヤーズS【4枠6番
     同日・金鯱賞【5枠6番】が優勝

   有馬記念【3枠5番】⇒同枠馬が?着

 これ以外にも【ジャパンC】が【トーセンジョーダン】の同枠馬2頭で決着したり、【ルーラーシップ】が【天皇賞(秋)】【ジャパンC】で連続3着したりと、【AJCC優勝馬】の枠が機能している。

 ◎オーシャンブルー
 ○エイシンフラッシュ
 ▲ルーラーシップ
 △ビートブラック・ゴールドシップ
  スカイディグニティ
スポンサーサイト

有馬記念考察③

 第57回・有馬記念の登録馬でファン投票選出以外の馬(100位以内)が以下である。

   第19位・オウケンブルースリ
   第21位・トレイルブレイザー
   第29位・ダイワファルコン
   第49位・スカイディグニティ
   第57位・メイショウカンパク
   第62位・ネヴァブション
   第85位・オーシャンブルー

 今年の【京都大賞典(GⅡ)】を優勝している【メイショウカンパク】が繰り上げ順・第1位であることに違和感を覚える。そしてこのまま【メイショウカンパク】の出走が無ければ、いよいよ【天皇賞馬】の出番と考える。

 【摂関政治】では【天皇】の幼少時には【摂政】として政治を行い、成人後も【関白】として引き続き実権を握った。
 【メイショウカンパク】の優勝した【京都大賞典】では直近の天皇賞馬【ビートブラック】が【出走取消】となった。次走の【ジャパンC】では、今年の天皇賞馬【ビートブラック】【エイシンフラッシュ】はともに敗退した。
 また【天皇賞(秋)】に【京都大賞典】出走馬が不在であったことも無関係ではないと考える。そして【天皇誕生日】に行われる【有馬記念】において【関白】が排除されれば、すなわち【天皇】の復権となる。

有馬記念考察②

 【有馬記念考察①】では【天皇賞馬決着】について書いた。しかし単に【天皇賞馬】の優勝と考えれば【エイシンフラッシュ】の方が有力と考える。
 【天皇誕生日・有馬記念】で【天覧競馬・天皇賞(秋)】を優勝した【エイシンフラッシュ】。この馬は【第77回・ダービー】の優勝馬でもある。そして今回の【テレビCM】のレースは【1977年】である。

 【雑記・2012年④】では【JPN2歳チャンピオン】である【アパパネ】【ローズキングダム】が【3歳時】に勝利した【GⅠ】を【ジェンティルドンナ】が回収したことについて書いた。これと対になるのが【エイシンフラッシュ】なのではないかと考える。

 【エイシンフラッシュ】   【ジェンティルドンナ】
   京成杯①【GⅢ】     シンザン記念①【GⅢ】
   ダービー①        オークス①
   天皇賞(秋)①       ジャパンC①
   有馬記念?

 【エイシンフラッシュ】の最後の役割は、最後の【JPN2歳重賞優勝馬】である【ヴィクトワールピサ】が【3歳時】に勝利した【有馬記念】の回収と考える。
 また【エイシンフラッシュ】と【ジェンティルドンナ】の【2年のずれ】は、【ダービー】と【オークス】の【外国産馬開放】の【2年のずれ(2001年と2003年)】にあると考える。
 そして【ヴィクトワールピサ】と【エイシンフラッシュ】の2頭で、【(外)シンボリクリスエス】を再現しているとも考える。

【シンボリクリスエス】   【ヴィクトワールピサ】
 菊花賞不出走       菊花賞不出走
 天皇賞(秋)①【中山】   皐月賞
 有馬記念①【ペリエ】    有馬記念①【Mデムーロ

                【エイシンフラッシュ】
                 菊花賞不出走
 天皇賞(秋)①【ペリエ】   天皇賞(秋)①【Mデムーロ】       
 有馬記念①【ペリエ】    有馬記念?【Mデムーロ

 【シンボリクリスエス】の【3歳時】が【ヴィクトワールピサ】で、【4歳時】が今年の【エイシンフラッシュ】である。【シンボリクリスエス】の【3歳時】の【天皇賞(秋)】は【中山施行】で、【皐月賞】と同じであった。また【エイシンフラッシュ】は【有馬記念】では再度【Mデムーロ】となる予定である。

有馬記念考察①

 今年は【9日間開催】の【8日目】に施行される【有馬記念】である。来年も同じになっていた。また昨年の【優勝馬】【2着馬】はともに【ダービー馬】であり、今年はそれぞれ【最終日・宝塚記念】【9日目・天皇賞(秋)】を優勝した。今年の【有馬記念】は【最終日】でも【9日目】でもない。
 【最終日】の【12月24日】が【振替休日】であるのに、なぜ【最終日施行】にしないのかが疑問である。この理由として今年の【有馬記念】はどうしても【天皇誕生日】に行いたいのでは?と考える。そして【天皇賞馬決着】を行うのでは???

 【天皇誕生日】が【12月23日】になったのは、もちろん【平成元年(1989年)】からである。

   1989年・有馬記念【12月24日】
 ①イナリワン【当年・天皇賞(春)馬】
 ②スーパークリーク【当年・天皇賞(秋)馬】
 ⑤オグリキャップ【前年優勝・当年JCゾロ目の2着】

 【有馬記念】での【天皇賞馬決着】はこれ以降は行われていない。

 昨年は【ジャパンC】が【天皇賞馬決着】であった。そして今年の【ジャパンC】は【最終日の最終競走】で、【有馬記念】とは対照的である。また昨年の【2着馬・トーセンジョーダン】が再度【2着枠】であった。【エイシンフラッシュ】の再度の【2着(枠)】に期待したい。すると優勝するのは【ビートブラック】となる???
FC2カウンター
プロフィール

FJK

Author:FJK
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR