ジャパンC回顧

 【ペルーサ】【ヴィクトワールピサ】はともに見せ場すらありませんでした。そして【青葉賞馬】ではなく【秋の天皇賞馬】同士の決着でした。3着も【天皇賞馬】であったので、回避した【ヒルノダムール】もヒントだったようです。
 また【ブエナビスタ】ですが【ジャパンC】での【前年2着からの優勝】も、【前年に降着したGⅠレースの優勝】も初めてのことです。この馬が【特別な馬】であることを再認識させられました。

 【ブエナビスタ】【ジャガーメイル】の【ワイドゾロ目】は昨年の【京都記念】に関係がありそうです。この週は【クイーンC】【フェブラリーS】と3レース全て【枠連ゾロ目】でした。この【クイーンC】の優勝馬が【アプリコットフィズ】で、今週同じ東京マイルの【キャピタルS】を勝ちました。来週の【ジャパンCダート】はこの時の【フェブラリーS】からも考えます。
 今月が【アルゼンチン共和国杯】【みやこS】の【枠連ゾロ目】でスタートしたのはこのような理由からだと思います。
スポンサーサイト

ジャパンC予想

 今週はネタが無く、更新できませんでした。

 今年の【天皇賞・春】【宝塚記念】【天皇賞・秋】はすべて【GⅠ初制覇】であった。そこで今回も【GⅠ未勝利】のさらに【4歳馬】にヤマを張る。

 ペルーサ【WIN5発売なしクラシック・最終世代】
  (ダービー後は古馬路線)
   日経賞②(阪神代替)
   天皇賞・春⑧
   天皇賞・秋③

  父・ゼンノロブロイ
  (7年前にゾロ目で優勝・2着は地方馬)

 トウカイテイオー【馬連発売なしダービー・最終世代】
  (ダービー後は古馬路線)
   大阪杯①(馬連発売なし)
   天皇賞・春⑤
   天皇賞・秋⑦

  父・シンボリルドルフ
  (7年前に優勝・2着は地方馬)

 また【ヴィクトワールピサ】は【2010・ダービー】のように【連対枠での3着】では?と考える。そして【連対枠での3着】といえば【2002年・シンボリクリスエス】が思い当たる。この年はオール中山開催のためか【天皇賞・秋(馬単8-1)】【ジャパンC(馬単1-8)】【有馬記念(馬単1-8)】とすべて【馬連1-8】でそろえられた。今回は【天皇賞・秋】の【馬連7-12】を考えてみたい。これは【GⅡ・青葉賞馬】同士である。

 ◎ペルーサ
 ○ウインバリアシオン
 ▲ヴィクトワールピサ

 3連単・複で【ペルーサ】【ヴィクトワールピサ】2頭軸で流す。
FC2カウンター
プロフィール

FJK

Author:FJK
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR