スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダービー回顧

WIN5】ならば【ウインバリアシオン】と【番(オルフェーヴル)】で良かったのでは?という声が聞こえて来そうです。馬券は押さえの馬連のみでした。

【オルフェーヴル】の勝因は【GⅠ馬】だったからではないでしょうか。【東京・皐月賞】が行われた【1988年】の優勝馬【サクラチヨノオー】は【朝日杯3歳S(GⅠ)】を持っていました。当時は【ヤエノムテキ】の【東京・皐月賞】よりも【朝日杯3歳S(GⅠ)】の方が優位だったと考えられます。今回は【グランプリボス】が【NHKマイルC】を獲得した事で【オルフェーヴル】にチャンスが生まれたのでは?と考えています。
スポンサーサイト

ダービー予想

基本は【1996年】と考え、【考察①・②】の【トーセンラー】の他は【皐月賞不出走馬】を中心としました。そして【桜花賞】【オークス】の【非トライアル・オープン特別1着】からに対して、【皐月賞】【ダービー】は【トライアル・GⅡ1着】からと予想します。

 ◎ウインバリアシオン ◎´トーセンラー
 ○トーセンレーヴ   ○´ユニバーサルバンク
 ▲サダムパテック
 △5・6・8・9・11

WIN5】発売年は、【ウインバリアシオン】の史上初の【青葉賞】⇒【ダービー】連勝に期待します。

ダービー考察⑦

今回は【東京・皐月賞】を受けての【ダービー】であるので、【1988年】との関連も考えてみた。単純に【枠連】の出目を見てみると【1988年】は【皐月賞1⇒8(18頭)】【ダービー2⇒6(24頭)】であった。そして今年は【皐月賞6⇒2(18頭)】で【1998年・ダービー】の【枠連】を使用した。そこで単純に今回の【ダービー】は【枠連1-8】を使用すると仮定する。
【1枠】と【8枠】でまず目に入るのは【サダムパテック】である。【1988年】と以下のように対応する。

 1988年        2011年

皐月賞・1枠2番   ダービー・1枠2番
サクラチヨノオー   サダムパテック
3着(1着同枠)

ダービー・2枠5番   皐月賞・2枠4番
サクラチヨノオー   サダムパテック
1着           2着

朝日杯         朝日杯
1着(1番人気)    4着(1番人気)

弥生賞(東京)     弥生賞
1着(2番人気)    1着(1番人気)

【サダムパテック】の同枠馬【ウインバリアシオン】が有力となる。そしてここで【テレビCM】の【トウカイテイオー】を使う。【トウカイテイオー】は【中山・若葉S】⇒【皐月賞】を連勝した最初の馬である。【若葉S】の【優先出走権】は【2着以内】で、【青葉賞】の【優先出走権】も昨年から【2着以内】となった。【ウインバリアシオン】が最初の【青葉賞】⇒【ダービー】連勝馬となる可能性を考えたい。もしこうなれば【考察③】で書いた【ゼッケン1番】の連続優勝とも一致する。
一方の【8枠】には【青葉賞3着馬・トーセンレーヴ】が存在する。【トウカイテイオー】の皐月賞・2着馬は【シャコーグレイド】であった。この馬は【若葉S・3着】で【優先出走権】が取れず、抽選での出走であった。今回の【トーセンレーヴ】の出走までの経緯は周知の通りである。そういえば【トウカイテイオー】の【皐月賞】も【枠連1-8】であった。

先日【ダノンシャンティ】が競走馬登録を抹消した。【ダノンシャンティ】が取り消した昨年の【ダービー】。枠順を逆枠で組み直すと【プリンシパルS馬の同枠馬】と【青葉賞馬の同枠馬】での決着であった。【中山・皐月賞馬】の存在しない今年【青葉賞馬】=【プリンシパルS馬】の直接決着が見られるかも知れない。

ダービー考察⑥

枠順を見て最初に感じた事は【トーセン】の並びで、逆枠では【2枠同居】(考察②を参照)となる。また1枠は【弥生賞】の【1着枠】を再現している。そして【ダノンバラード】に代わって出走となった【すみれ賞馬・ロッカヴェラーノ】は【7枠13番】で【1996年・フサイチコンコルド】を思い出した。そういえば【弥生賞】の予想で「今年は1996年」と書いていた。

【1996年・フサイチコンコルド】の同枠には【ビワハイジ】が居た。そして【ビワハイジ】の仔はこれまで【2005年・アドマイヤジャパン(3着同枠)】【2007年・アドマイヤオーラ(3着)】と2頭が【ダービー】に出走している。それぞれの優勝馬は【2005年・ディープインパクト】【2007年・ウオッカ】であった。今回の【テレビCM】は【七冠馬・シンボリルドルフ】の仔【トウカイテイオー】であるが、この2頭もまた【七冠馬】である。【トーセンレーヴ】は自身・同枠馬共に要注意と考える。

ダービー考察⑤

【WIN5】の発売前後では以下のようであった。

 阪神JF     ホエールキャプチャ(2着
 桜花賞     ホエールキャプチャ(2着
 オークス    ホエールキャプチャ(3着

 朝日杯FS   リアルインパクト(2着
 NHKマイルC リアルインパクト(3着

 皐月賞     サダムパテック(2着
 ダービー    サダムパテック

【GⅠ競走】の【2着馬】の次の【GⅠ競走】での着順であるが、同条件(【WIN5】⇒【WIN5】)の場合【2着】⇒【2着】であり、【WIN5】⇒【WIN5】の場合【2着】⇒【3着】となっている。今回は同条件ではあるが【WIN5】⇒【WIN5】である。はたして【2着】⇒【2着】となるのであろうか?それとも最後は【1着】⇒【1着】で二冠達成か?
FC2カウンター
プロフィール

FJK

Author:FJK
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。